最新ランキングをチェックしよう
嬉しい体験と嫌な体験に対応した神経細胞は互いに抑制し合う - 理研

嬉しい体験と嫌な体験に対応した神経細胞は互いに抑制し合う - 理研

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

理化学研究所(理研)は10月18日、嬉しい体験と嫌な体験にそれぞれ対応した神経細胞は扁桃体基底外側核の異なる領域に局在しており、互いに抑制することを発見したと発表した。
同成果は、理研脳科学総合研究センター理研-MIT神経回路遺伝学研究センター ジョシュア・キム研究員、利根川進センター長らの研究グループによるもので、10月17日付けの国際科学誌「Nature Neuroscience」オンライン版

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銃弾をも砕くガラス「ルパートの滴」。ようやく仕組みを解明
この超小型ロボットグリッパーは、ハエトリグサがお手本
「進化にエネルギーの視点を組み込む」という大胆な発想 『生命、エネルギー、進化』
てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で 研究
成人期の読字学習で脳が変容、研究
  • このエントリーをはてなブックマークに追加