ロマゴン、4月再起戦 Sフライ級適応のためノンタイトル戦

ロマゴン、4月再起戦 Sフライ級適応のためノンタイトル戦

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

ボクシングの元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア、帝拳)がニカラグアのマナグアで会見し、4月に再起戦を予定していることを明かした。

No image

ローマン・ゴンサレス

昨年3月にシーサケット・ソールンビサイ(31=タイ)に判定負けして王座から陥落し、9月の再戦は4回KO負け。「負けた言い訳はしないが、シーサケットとの再戦を急ぎすぎた。王座を獲得した時からフライ級とのパンチ力の違いを実感していた」と話し、スーパーフライ級に適応するためノンタイトルの再起戦を希望していると語った。近日中に来日し、プロモーターの帝拳ジム・本田明彦会長と今後について話し合うという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小室哲哉引退で関連アルバム2作がトップ20入り
内藤哲也「頭を使えよ」対戦相手の準備不足を嘆く
小島聡「ふざけんなこの野郎」パイプ椅子攻撃で流血
アンジャ・渡部、のぞみんの応援支えに完走も「心が折れそうになった。悔しい」
中邑真輔は「世界級」 WWEステファニー氏が絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加