佐藤健「愛がなくなってしまったら、僕自身がなくなってしまうのと同じことだと思います(笑)」

佐藤健「愛がなくなってしまったら、僕自身がなくなってしまうのと同じことだと思います(笑)」

  • ザテレビジョン
  • 更新日:2018/10/19
No image

映画「億男」で3億円が当たるも親友に持ち逃げされてしまう一男を演じた佐藤健 撮影=西村康

【写真を見る】監督と何度も話し合い、「最後まで頑張ってよかったです」と語る佐藤健

大友啓史監督が演出を手掛けた「龍馬伝」(2010年NHK総合)で、非業の最後を遂げる岡田以蔵を演じて注目を浴び、その後、大友監督作品の映画「るろうに剣心」(2012年ほか)シリーズで主演を務めた佐藤健。その大友監督との再タッグに、佐藤は「『億男』のような題材でやるのは意外だったけど、大友監督との仕事は楽しみでした」と語る。

佐藤健「このお話をいただいたときに、まず一男のキャラクターをどこに定めるのかを考えないといけないなと思いました。その部分は大友監督とずいぶん話し合いました」

佐藤が演じる一男は、兄が3000万円の借金を残して失踪し、それを肩代わりするために昼は図書館司書、夜はパン工場で働いている。そのために家族との関係もうまくいかず、人生のドン底状態にいる男だ。しかし、そんな彼が宝くじで3億円を当てたところから物語が始まる。

佐藤「この映画では一男の大学時代も描かれますが、彼は借金を背負ってから大切な何かを失ってしまった。その違いがにじみ出ればいいなと思いながら演じていました」

その一男を演じるために、佐藤は役作りとして寝ないで現場に行くこともあったとか。

佐藤「九十九プロデュースのパーティで大騒ぎして、翌朝目覚めたら九十九と3億円が消えていた、というシーンの撮影は、朝まで飲みに行って、そのまま現場に向かいました。あと、借金を返すために働き過ぎて、奥さんに対してイラだってしまうシーンも寝ないまま現場に行っていました。これは『バクマン。』(2015年)のときもやっていて、寝ないで漫画を描いたりするシーンのときは、同じ状況を作ろうと寝ないで現場に行っていました」

一男と九十九は互いに特別な存在

しかし、そうやって突然手にした3億円も、起業して億万長者になっていたはずの親友・九十九(高橋一生)に持ち逃げされてしまう。お金、友情、そして家族とすべてを失った一男は、3億円と親友の行方を求めて、九十九と関係のあった億万長者たちに会っていくのだが…。

佐藤「一男のキャラクターを考えたときに、なぜ一男はそんなにも九十九のことが好きなんだろうと思いました。その答えとしては、九十九は才能はあるけれど、とても変わった奴で、たぶん一男だけが理解してくれたところがあったんじゃなかと思うんですよね。だからこそ、九十九は一男にだけは心を開いていたんじゃないかなと。九十九も一男の持っているピュアな部分を見抜いていたんだと思うし、互いに特別な存在だったんだと思います。そういう相手に出会えるのはなかなかないし、僕はひとりで完結してしまうタイプなので、一男と九十九の関係はちょっとうらやましいところがありますね。もちろん、3億円を持ち逃げされるのはイヤだけど(笑)」

一男が九十九を探す中で出会う億万長者たちを演じるのは、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也の3人。競馬場のVIP室で億の金を転がしたり、怪しげなマネー教室の教祖をしていたり、自宅に10億円を隠している主婦だったり、それぞれ個性的なキャラクターを演じている。

佐藤「撮影のときは、毎回、違う人の舞台を見に行っているような感覚でした。僕としてはお客さん気分で回っていたので、楽しかったですね。何も考えずに現場に行って反応するだけで、彼らに振り回されている一男そのままですからね。3人のシーンでは大友監督の指示もほとんどなかったし、3人ともかなり自由にやっていたのでは(笑)。きっと映画を見てくださる方にも楽しいと思ってもらえるシーンになったと思います」

大友監督は役者を信頼してくれる

久しぶりとなった大友監督の現場。改めて感じた大友作品の魅力とは?

佐藤「モロッコロケがあったりと、スケールも大きかったですし、大友監督らしいなと思いました。でも、僕は大友組では時代劇しかやったことがなく、現代劇は今回が初めてだったんです。なので、大友監督の前でナチュラルな芝居を見せるのが初めてで。だから、大友さんに僕の新しい一面を見せたいなと思いながら芝居をやっていました。大友監督としてもいろんな現場を経験されてきて、監督もまたステップアップされて、次のステージに行っているんだなと感じました。だけど、役者を信頼してくれているのはそのままでしたね」

大友監督と佐藤が組んだ「るろうに剣心」は、シリーズ三部作共に大ヒットを記録したが、それを超えてやるという意識はあったのだろうか。

佐藤「『るろうに剣心』の続編をやったときは、前作を超えてやるという気持ちがすごくありましたけど、今回は題材がまったく違うので、そういう思いはないですね。だから、過去の大友監督の作品を意識したりはしていないです。僕としては一男というキャラクターをどうするのかを作っていって、いいパフォーマンスができるように頑張る。ただ、それだけでしたね」

基本的に人間は愛でできていると思う

とはいえ、毎回映画に主演するときは、俳優として参加するだけでなく、製作的な働きもしているという佐藤。それは今回も同様だったようだ。

佐藤「とにかく面白い映画になればいいというのが大前提ですが、今回はどこに軸を置くのか、何の物語にするのかを定めたほうがいいなと思って。例えば、一男と九十九の友情の話なのか、一男の家族の話なのか、それともお金の話なのか。そういうことをちゃんと定めたいと思ったので、そこに関してはかなり話し合いましたね。それによってシーンの順番も変わってくるので。なので、クランクインしてからもギリギリまで話し合って。綱渡りみたいな撮影でしたが、完成したものを見て、一つ一つのチョイスを間違ってなかったと思えたので、最後まで頑張って良かったなと思います」

愛も友情も3億円も失ってしまった一男。佐藤がこの中で一番失いたくないものは?

佐藤「もちろん愛です。愛と友情はかぶる部分がありますけどね。でも、基本的に人間は愛でできていると思うので、もし愛がなくなってしまったら、僕自身がなくなってしまうのと同じことだと思います(笑)」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20年前の名作『ムトゥ 踊るマハラジャ』がデジタルリマスター版に!11月23日より全国順次ロードショー
「トイ・ストーリー4」ティザー予告編公開、監督は「インサイド・ヘッド」参加のジョシュ・クーリー
実写映画版『名探偵ピカチュウ』予告編第一弾が海外向けに公開!
英BBC「史上最高の外国語映画100本」、第1位は「七人の侍」、中華圏からは12作品―台湾メディア
11月12日の注目映画第1位は『ボヘミアン・ラプソディ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加