香川真司、レアル戦で惜敗も躍動 海外メディア絶賛「ベルナベウで輝いた」「優雅な動き」

香川真司、レアル戦で惜敗も躍動 海外メディア絶賛「ベルナベウで輝いた」「優雅な動き」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/12/07
No image

CLレアル戦2-3敗戦、香川が終盤にカゼミーロをかわしてシュートもゴール上へ

ドルトムントのMF香川真司は現地時間6日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第6節のレアル・マドリード戦(2-3)に先発出場し、一時同点とするFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールをお膳立てするなど躍動。海外メディアではチーム最高評価を獲得し、「ベルナベウで輝いた」「優雅な動き」などと絶賛されている。

ドルトムントは前節までに2分3敗で勝点2しか積み上げられず、早々にグループステージ敗退が確定していた。3位でのUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場に向けて2連覇中の王者レアル・マドリードと敵地で対戦。CL4戦連続スタメン起用の香川は3-4-3システムの左ウイングというこれまでよりも攻撃的なポジションでスタートした。1-2と1点ビハインドで迎えた後半4分には、ヒールキックでのフリックでオーバメヤンにパスをつなぎ、同点ゴールを演出した。

さらに3-2と再びリードを許した終了間際には、香川が華麗なボールタッチでMFカゼミーロをかわしてペナルティーエリアに侵入。ゴール正面から得意の右足を振り抜いたが、シュートはゴール上に外れた。

米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の選手採点記事では、「カガワの輝きも及ばず。ドルトムントはマドリードに敗れてUCLから敗退」と香川の活躍を見出しにとって報じた。攻撃で奮闘した背番号23にオーバメヤン、DFマルセル・シュメルツァーと並ぶトップタイの7点(10点満点)が与えられている。

得点演出のバックヒールに「素晴らしかった」

本来の中盤ではなくウイング起用でゴールに絡んだ香川について、寸評では、「普段よりも前のポジションで出場し、日本人はベルナベウ(レアルの本拠地)で輝いた」と記されている。また、「オーバメヤンの2点目を導いたバックヒールは本当に素晴らしかった」と称賛されている。

惜しむらくは試合終盤の決定機を逃したプレー。記事でも「彼は試合の最後に3-3にできる可能性があった。体のフェイントを使った優雅な動きでカゼミーロをかわしたが、ボールはケイラー・ナバスの守るゴールを越えていった」と描写されている。シュートに至るまでの流れは完璧だったが、フィニッシュの精度を欠いた。シュートを外した直後、ピッチに倒れ込んで悔しさを露わにする香川の画像も載せられている。

2分4敗と勝利のないまま敗退し、3位でELに回るドルトムント。不振にあえぐチームの中で、香川の躍動はわずかな光明となっていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】adn40公式ツイッターに投稿、CL「レアル×ドルトムント」ハイライト、香川が華麗なバックヒールで得点演出(30秒頃~)

Revive la victoria del@realmadridde 3 - 2 sobre el@BVBBorussia Dortmund.#ADNDeportescon@lopez_sordo,@alinearnotmy@LaloRuizOficialpic.twitter.com/QR8a8P1tp7

— adn40 (@adn40mx)2017年12月7日

adn40公式ツイッターに投稿、CL「レアル×ドルトムント」ハイライト、香川が華麗なバックヒールで得点演出(30秒頃~)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロナウジーニョの政界進出、報じられた政党は出馬合意を否定
スペイン代表、ロシアW杯出場権はく奪の可能性が浮上...FIFAが政治干渉を警告
“美人揃い踏み”で大反響! なでしこFW岩渕、「似てますかね?」の3ショット写真公開
「ようやく僕を理解してくれた」岡崎慎司はいかにしてレスター指揮官の信頼を勝ち取ったのか
今田耕司、美女格闘家RENAとの思い出に苦い顔

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加