カテゴリー3の超大型サイクロン「オッキ」インドに接近 衛星がとらえた!

カテゴリー3の超大型サイクロン「オッキ」インドに接近 衛星がとらえた!

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/12/06
No image

ベンガル語で「瞳」を意味する超大型サイクロン「オッキ」がインド沿岸に接近(NASA Earth Obseravatory/NOAA)

インド南西部の沿岸地域では、5日から6日にかけて、ハリケーン並みの超大型熱帯低気圧が接近している。アラビア海でこれほど大きなサイクロンが発生するのは2年ぶりとあって、各国の気象機関が動向を注目している。

ベンガル語で「瞳」を意味する大型サイクロン「オッキ」は5日、インド西岸の都市ムンバイ沿岸に接近。米国の地球観測衛星によると、最大風速58メートル/秒を上回るカテゴリー3クラスのハリケーンに匹敵するもので、ムンバイから沿岸のグジャラート州にかけては、暴風雨に備えて、小中学校から大学までの教育機関が軒並み休校となった。

衛星スオミNPPがとらえた観測画像を見ると、サイクロンの接近によって、パキスタンやイランなど近隣諸国の砂漠地帯から砂塵や砂が舞い上がって、アラビア海上空に広がっているようすが確認できる。

米航空宇宙局(NASA)は、「インド上空の大気汚染物質やスモッグも拡散されるおそれがある」と指摘し、大気の監視を続けている。

サイクロン接近に伴って、インド沿岸部では毎時60ミリ以上の豪雨が降っており、住宅の倒壊や高波に巻き込まれて、インドやスリランカなどで複数の死者と行方不明者が出るなど被害が広がっている。

インドとアラビア半島の間にあるアラビア海で大型のサイクロンが発生するのは、2015年10月の「チャパラ」と11月の「メグ」以来2年ぶり。米海軍の合同台風警報センター(JTWC)によると、「オッキ」はこのまま北東方向に進むに連れて、次第に勢力を弱めると予想されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
立ち退きを拒否した結果、自宅周辺がとんでもないことになってしまった世界の15の家
中東などで抗議行動拡大、トランプ氏のエルサレム首都認定受け
エルサレム問題、アラブ連盟が外相級緊急会合 米に撤回求める
ノルウェーでかつて「核戦争一歩手前」の危機
突然の「エルサレム首都」発言でトランプは誰を試したかったのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加