CLとELで不振のブンデス、UEFAランク3位転落...プレミアが浮上

CLとELで不振のブンデス、UEFAランク3位転落...プレミアが浮上

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/09/15
No image

CLとELに計6クラブが出場しているブンデスリーガだが、GS初戦で勝利を収めたのはバイエルンのみ [写真]=Bongarts/Getty Images

ついに開幕を迎えたチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節での散々な結果を受け、ブンデスリーガがUEFAリーグランキング2位の座をプレミアリーグへと明け渡した。ドイツ誌『Kicker』日本語版が15日に報じている。

ブンデスリーガ勢は、CL本戦とEL本戦に各3クラブが出場しているが、グループステージ第1節で勝利を収めたのはバイエルンのみだった。CLでは日本代表MF香川真司のドルトムントがトッテナムに敗れ、ライプツィヒはモナコとドロー。ELではホッフェンハイムがスポルティング・ブラガと、日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンがアスレティック・ビルバオと引き分けた。そして日本代表FW大迫勇也のケルンは、アーセナルを相手に逆転負けを喫している。

そもそも、EL3次予選でフライブルクが敗退し、CLプレーオフではホッフェンハイムが敗れている。加えて、グループステージ第1節でも散々な成績に終わった。以上の結果、ブンデスリーガはUEFAリーグランキングで3位に転落することとなった。

UEFAリーグランキング・トップ5は以下のとおり。

1位:リーガ・エスパニョーラ(スペイン)
2位:プレミアリーグ(イングランド)
3位:ブンデスリーガ(ドイツ)
4位:セリエA(イタリア)
5位:リーグ・アン(フランス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
年俸50億円のテベスが中国サッカーを痛烈批判 「50年経っても同じレベルに達しない」
サッカー界“元祖・怪物”が偉大さ証明 誕生日に祝福の嵐「世界最高の一人」「魔法使い」
「希望の星だ!」「恐れを知らない仕掛け」 強豪ポルト戦で輝いた中島翔哉を地元紙が賞賛
Jクラブから3クラブが堂々選出! 英誌「歴代ユニフォーム・ベスト50」を紹介
UEFA新大会「ネーションズリーグ」2018年秋開始。日本、欧州との対戦激減か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加