オリックス“糸井2世”の高卒2年目が豪快な一発 1、2軍紅白戦

オリックス“糸井2世”の高卒2年目が豪快な一発 1、2軍紅白戦

  • フルカウント
  • 更新日:2018/02/15
No image

「福良オリックス」VS「田口オリックス」の1、2軍“ガチンコ”試合は5回まで白組(1軍)がリード【写真:編集部】

5回を終え白組リード

オリックスはキャンプ第4クール初日となる15日、「福良オリックス」VS「田口オリックス」の1、2軍“ガチンコ”試合が始まった。

白組(1軍)の先発は実戦初登板のアルバース。初回の先頭・坂本を空振り三振に打ち取ると、続く西野、西村を二ゴロに抑えた。予定された1イニングを無安打無失点と結果を残した。

白組は初回から猛攻を見せた。2死三塁から4番・杉本が左翼スタンドへ先制の2点本塁打を放った。杉本は前回(11日)の紅白戦に続き2戦連発。さらに2死一、二塁から7番・伊藤が中前適時打を放ち、1軍が初回に貫録の3点を奪った。

1軍への切符がかかる紅組(2軍)も反撃に出る。3点を追う4回。1死一、三塁から宗の三ゴロで1点を返すと、続く4回には“糸井2世”の異名を持つ高卒2年目の根本が右翼席へ豪快な一発を放ち1点差に詰め寄った。

紅白戦は5回を終え3-2で白組がリードしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト、再建必須の投手陣=浮上へ濃密メニュー-プロ野球・キャンプリポート
2月18日(日)【 神々の子育て占い 】
藤沢五月、快勝も切り替え「やるべきことに集中」
オリD2・K-鈴木、1回2安打無失点 紅白戦で実戦デビュー
打者心理でみる「松坂大輔がよみがえる唯一の方法」を名コーチが説く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加