大阪桐蔭4年連続近畿大会へ 14日決勝は履正社戦 西谷監督「まだ穴だらけ」

大阪桐蔭4年連続近畿大会へ 14日決勝は履正社戦 西谷監督「まだ穴だらけ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

◇秋季大阪大会準決勝 大阪桐蔭8―1近大付(7回コールド)(2017年10月11日 万博)

No image

先発した大阪桐蔭の横川

来春の選抜大会で連覇を狙う大阪桐蔭が近大付を7回コールドで破り、4年連続の秋季近畿大会出場を決めた。14日の大阪大会決勝は宿敵・履正社と激突する。

大阪桐蔭は3回、中川卓也主将(2年)の左犠飛で先制。根尾昂内野手(2年)、青地斗舞外野手(2年)の適時打で3点を奪った。4回にも1点を加えると、5回は4本の長短打を集めて一挙4得点。近大付の好左腕・大石を攻略した。

大阪桐蔭は愛媛国体の決勝・広陵戦(9日)から中1日の試合。国体には帯同しなかった左腕・横川凱投手(2年)被安打5の1失点と粘投した。西谷浩一監督は「国体で3年生の試合を見たので、2年生の弱さが分かりました。まだ穴だらけで、まだまだ弱い。状況判断もまだまだですね」と満足した様子はなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【野球】元スーパー中学生の日本代表2人に注目 秋季大阪大会8強入りの原動力に
町の野球少年がドラフト上位候補へ。名将と歩んだ本田仁海の3年間
【2017年ドラフト】 1年夏からレギュラー!増田珠の3年間の歩みを年表でチェック!
慶応、初戦突破でセンバツ前進 1年生・善波が“予想外”1号
  • このエントリーをはてなブックマークに追加