飯伏幸太G1予選敗退も「自分の中では大満足」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/12

<新日本:G1クライマックス27両国大会>◇11日◇両国国技館◇観衆7495人(札止め)

Aブロック予選リーグ最終戦が行われ、2年ぶり出場の飯伏幸太(35)は、後藤洋央紀に敗れ、5勝4敗の勝ち点10で3度目のG1を終えた。

飯伏は、予測不能の反撃で後藤を追い詰めたが、最後は裏GTRから正調GTRの連発に沈んだ。飯伏は試合後「いい経験をさせてもらった。自分がやれることはやったつもり。自分は爆発した。自分の中では大満足」と長い戦いを乗り切り、笑顔で戦いを振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
帝拳・本田会長怒り心頭「最悪のストップ」タオル投入の判断に
「まだやれる思いあった」=山中との一問一答-ボクシング世界戦
タオル投入批判に「外野は黙ってろ!!」 山中慎介のTKO負けで
ネリ無敗王者、山中のパンチ「それほど力なかった」
V13具志堅超えに失敗した山中はタオル投入の暴走がなければ勝てていたのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加