エボラブルアジア、Airbnbに特化した代行サービス提供

エボラブルアジア、Airbnbに特化した代行サービス提供

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/14
No image

Airbnb Japanとエボラブルアジアは、エボラブルアジアの子会社であるエアトリステイが開始した「Airbnbに特化したコンソーシアム型代行サービス」で、包括的業務提携に関する覚書を締結した。

多くの不動産オーナーや管理事業者が住宅宿泊事業の準備や運用のアウトソースを望んでいるとしており、ワンストップでサービスを提供することで、Airbnbは多くの物件の取扱いを見込む。パートナー企業がエボラブルアジアに対して協力し、エボラブルアジアはワンストップでサービスを提供する。

まずは東京、大阪、京都、那覇、福岡、札幌の6都市の物件で、準備、セットアップ、運営代行のサービスをパートナー企業とともに提供する。ソフトバンクは通信サービスの提供、SATO行政書士法人は法的申請の支援、インテリアコーディネートとスタイリングはスタジオアンビルト、家具の提供はモダンデコ、家電の提供はビックカメラ、写真撮影とコンテンツ作成はCCCマーケティング、清掃とリネン交換は日新サービス、保険は損害保険ジャパン日本興亜、駆けつけサービスはプライムアシスタンスがそれぞれ提供する。パートナーは順次拡大していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新規免許取得者の半数がAT限定の日本で今「MT車ブーム」が起きている理由を考える
アスクルはアマゾンに勝つ...なぜ後発のロハコは成功したのか?
4月からJR東日本の新幹線近距離区間はSuicaやPASMOで乗れるようになるって知ってた?
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
【大阪オートメッセ2018】さらに戦闘力UP!? 学生が作ったトヨタ「WILL VS」とは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加