最新ランキングをチェックしよう
日本のパスポートにはなぜ「始皇帝が制定した書体」が使われているのか=中国メディア

日本のパスポートにはなぜ「始皇帝が制定した書体」が使われているのか=中国メディア

  • サーチナ
  • 更新日:2019/06/14

日本のパスポートにはなぜ「始皇帝が制定した書体」が使われているのか=中国メディア漢字のルーツは中国にあり、中国から日本へ伝わった文字であることは言うまでもない。漢字には複数の書体があるわけだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本のパスポートには中国の始皇帝によって制定された「篆書(てんしょ)」という書体の文字が記載されていることに着目し、日本人はこれをどのように捉えているのかを紹介する記事に掲

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
漢字を使う中国人らしい疑問「どうして大阪は『坂』から『阪』になったの?」
いつの間にか影が薄くなった「報復」読売・産経の書きぶりも微妙に変遷
日本の農村部は中国に比べて圧倒的に豊かだ! 都市部より快適な場合も=中国
ドイツ車も中国車も伸び悩む中、中国で日本車の人気が相変わらず強い4つの理由
米国にも無視される韓国政府の"被害妄想"
  • このエントリーをはてなブックマークに追加