マウス、Core i7-8700KとGTX 1080 Ti搭載ゲーミングPCを13日発売

マウス、Core i7-8700KとGTX 1080 Ti搭載ゲーミングPCを13日発売

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/11
No image

マウスコンピューターは11日、Intelの第8世代Core プロセッサCore i7-8700Kを搭載したBTOゲーミングデスクトップPC「MASTERPIECE i1630PA1-SP」を発表した。マウスコンピューターWebサイト、電話通販窓口、マウスコンピューターダイレクトショップ各店舗にて10月13日10時から販売開始する。税別価格は299,800円。

Intelのデスクトップ向け第8世代Coreプロセッサは、14++nmプロセスルールで開発された最新CPU。「MASTERPIECE i1630PA1-SP」では、6コア12スレッド駆動のIntel Core i7-8700Kを採用し、高い処理速度を実現。また、GPUにNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを、ストレージにM.2接続のSSDを採用する。

標準構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700K(3.70GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリが32GB PC4-21300(16GB×2)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB、ストレージが512GB SSD + 3TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が700W 80PLUS GOLD認証、OSがWindows 10 Home 64bitなど。本体サイズはW215×D490×H501mm。

8,200dpiの高精度レーザーセンサーを搭載したゲーミングマウス「G-Tune LaserMouse」と、Cherry MX黒軸スイッチを採用したゲーミングキーボード「G-Tune Mechanical Keybord」が付属する。標準構成時の税別価格は299,800円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国立天文台が作った「宇宙の広さを体感できる映像」がスゴい!!
東芝メモリ買収に「失敗」した鴻海、実は圧倒的に有利な立場だった
オートバックスセブンが360度全方位を撮影・記録・表示できるドラレコ『PIXYDA PDR600SV』を発売
ギョギョッ!「フナ」デザインのマルチフィッシュケースが地味に欲しい--話題の鮮度も高い!?
iPhoneのバッテリー残量、何パーセントになったら充電する?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加