高速バスで野菜を都内に? 京王電鉄と高山市が「貨客混載」で農産物の販路拡大へ

高速バスで野菜を都内に? 京王電鉄と高山市が「貨客混載」で農産物の販路拡大へ

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/09/20

飛騨高山の新鮮野菜が、収穫30時間以内に都内店頭へ

京王電鉄と岐阜県高山市は2017年9月14日(木)より、高速バス路線を活用した貨客混載による、飛騨高山の農産物の販路拡大事業を開始しました。関東ではまだなじみの薄い、飛騨産のトマトやほうれんそうなどが、収穫から最速30時間以内に都内のスーパー店頭へ並ぶとのことです。

No image

9月14日、都内で初荷到着セレモニーが開かれた(2017年9月14日、乗りものニュース編集部撮影)。

「貨客混載」とは、旅客と貨物を一緒に運ぶ輸送形態のこと。京王電鉄バスと濃飛乗合自動車(高山市)が共同運行する中央高速バス 飛騨高山線(新宿~飛騨高山間)で、高山市の新鮮な野菜や果物などを定期的に輸送、京王ストアが運営する「キッチンコート永福町店」(東京都杉並区)にて販売します。まずは同店1店舗のみの展開で、販売動向を見て、取扱品目の増加や周辺店舗への供給も視野に入れています。

野菜の運搬には、飛騨高山線 新宿行きバスの、乗客の荷物が入っていないトランクルーム(700リットル)を利用します。1回の搭載量は保冷コンテナ3個から6個(60~120kg)で、1日14便(7往復)運行する飛騨高山線のうち、高山濃飛バスセンターを午前10時30分に出発する7006便のみが混載車両です。輸送は月曜日と木曜日の週2回で、店頭での販売は火曜日と金曜日になります。

高山市で朝に採れた野菜などは、地元農産物を販売する「特選館あじか」(高山市)に一度集荷され、バスへの積み込みは濃飛バス高山営業所で行われます。野菜などを載せたバスは高山濃飛バスセンターへ回送、乗客を乗せ、ここからバスタ新宿までが貨客混載区間になります。バスタ新宿で乗客を降ろしたバスは、京王電鉄バス高速バスセンター(東京都杉並区)へ回送され、ここで野菜などが荷卸しされます。その後、「キッチンコート永福町店」まで運ばれ、翌日販売されるという流れです。京王ストアによると、飛騨高山地区の農産物が収穫から30時間以内に店頭に並ぶことは画期的だといいます。

事業通じて、さらなる交流を

京王電鉄は1998(平成10)年から中央高速バス 飛騨高山線を運行しており、年間約2万人の利用客があるといいます。貨客混載は、2017年2月から話し合いが行われてきたといいます。

9月14日(木)には、京王電鉄バス 高速バスセンターで初荷到着セレモニーが行われました。16時30分前に農産物を積んだバスが同センターに到着。関係者らがトマトやナス、ホウレンソウなど、18種類の野菜などが入った7個の保冷コンテナを荷卸しました。

あいさつに立った京王電鉄の南佳孝取締役は、今回の取り組みについて、「京王沿線のお客様に、フレッシュな野菜を提供できる素敵な事業。貨客混載は環境にも大変優しく、意義がある。この事業を通し『そうだ、高山に行こう』という好循環を作りたい」と話しました。

高山市東京事務所所長の清水雅博さんは、飛騨高山の農産物は、輸送費の関係上これまで関西や中京圏が主な販路だったことにふれ、「地元は大変喜んでいる。このスキーム(計画)を通じて、東京と高山市で人の交流の活性化につなげられたら」と述べました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】両陛下 私的旅行で渡来人ゆかりの神社へ
約300円で仕入れた“アディダス”を5000円で販売
21日1時2分頃 - 最大震度 2 - 震源地 和歌山県北部
21日1時37分頃 - 最大震度 2 - 震源地 三陸沖
東海地方で“電線から火花”通報相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加