優勝監督賞の川崎F・鬼木監督「選手たちがやってくれた」

優勝監督賞の川崎F・鬼木監督「選手たちがやってくれた」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/12/05
No image

Jリーグは5日、横浜アリーナで「2017 Jリーグアウォーズ」を開催した。クラブ史上初のJ1リーグ制覇を成し遂げた川崎フロンターレ鬼木達監督が、今季より新設され、J1リーグ優勝チームの監督に贈られる『優勝監督賞』の表彰を受け、「僕というより、選手たちがやってくれたので、本当にうれしく思う」と、壇上の選手たちに感謝を示した。

最終節を2位で迎えた川崎Fは、ホームに大宮を迎えると5-0の快勝を収めた。15試合無敗(11勝4分)で勝ち点を72まで伸ばすと、首位の鹿島が磐田と引き分けに終わったため、勝ち点で並び、得失点差で逆転。一時は鹿島に最大で勝ち点8差をつけられながらも、最終節での大逆転で初の頂点へと上り詰めた。

「今年1年一番悔しい思いをしてきたクラブだと思うが、最後いい形で終われた。サポーターの皆さん、熱い声援ありがとうございました」と感謝を述べた指揮官。キャプテンのFW小林悠は「ずっと皆で来たかったので、最高の気分です」と語り、MF中村憲剛も「最高です。本当にフロンターレのサポーターの皆さんにもおめでとうと言いたいです」と喜びを表した。

(取材・文 折戸岳彦)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
初ゴールを渇望する阿部、小林悠のゴールに「触ったろかなと思った」
試合直前に九産大GK加藤を襲ったハプニング...「気合を入れて結んだら切れちゃって」
「幸せな4年間」で得た“財産”とともに...仙台大MF山田満夫は再びプロの舞台へ
5度目にして待望の...環太平洋大がインカレ初得点で初白星!仙台大との延長接戦を再逆転で制す
[MOM495]九州産業大MF関恭範(4年)_「アシスト意識」の10番が価値ある決勝点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加