13日の東京株式市場見通し=上値が重い展開か

13日の東京株式市場見通し=上値が重い展開か

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/10/13
No image

予想レンジ:2万800円-2万1000円(12日終値2万954円72銭)

13日の東京株式は、上値が重い展開か。日経平均株価は2万1000円を前に売り買いが交錯しているが、現地12日の米国株式は、利益確定売りに押され3日ぶりに反落した。先高期待は強いものの、週末のポジション調整売りも警戒され、方向感の出づらい動きとなることも予想される。為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の前半(12日終値112円22-24銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=132円台の後半(同133円17-21銭)と円高に振れている。12日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値で高安まちまちながら、パナソニック<6752>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などが12日の東京終値に比べ高い。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、12日の大阪取引所終値比30円高の2万980円だった。(高橋克己)13日の主な経済指標・スケジュール【国内】・ 8:50 9月マネーストック、週間対外対内証券売買契約・10月限ミニ先物・オプションSQ(特別清算指数)値算出日・決算発表=島忠<8184>、松竹<9601>【海外】(時間は日本時間)・21:30 米9月消費者物価、米9月小売売上高・23:00 米10月ミシガン大学消費者マインド指数、米8月企業在庫・中国9月貿易収支・国際通貨基金(IMF)・世銀の年次総会(ワシントン、15日まで)・決算発表=バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スタートアップワールドカップ日本代表は衣類折りたたみ機開発のセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ
アジア初開催!「HAY」のキッチンカテゴリーに特化した巡回展
西室泰三氏が死去、東芝・日本郵政社長を歴任
ドコモ、新たに長期利用者の優遇を強化する方針~18年5月以降
西室泰三氏死去=日本郵政、東芝社長を歴任
  • このエントリーをはてなブックマークに追加