興毅VSポンサク“認可試合”発表をJBCが否定「修正してもらう」

興毅VSポンサク“認可試合”発表をJBCが否定「修正してもらう」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/29
No image

亀田興毅

ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅が5月5日に元WBC世界フライ級王者のポンサクレック・ウォンジョンカムと行う“現役復帰戦”が「判定なし・KOのみ」で行われることが26日、同試合を放送するネットテレビのAbemaTVから発表された。

AbemaTVは「ラスト亀田興毅~最後の現役復帰~」と題して、2人の顔合わせを配信。決着がつかなかった場合は視聴者投票を募るとしている。興毅は「どんなルールでも環境でも、ポンサクレックを本気で倒すだけ。“完全ノックアウト”しにいきます」とのコメントを出した。

ただ、AbemaTVは「認可試合」として「8ラウンド」で行うことをJBCが認めたと発表したが、JBCは否定している。安河内剛事務局長は「昨日、話し合いをしたが、詳細はペンディングになっている状態。この発表に関しては事実確認して、修正してもらうべきものは修正してもらう」との見解を示してた。

具体的には「認可試合」はJBCのルールには存在せず、今回の興毅とポンサクレックの対戦のケースの場合は「ルールにある『公式試合場におけるスパーリング』ならば認める」としている。つまり、「5月5日の興行で他に行われる公式戦と同じ試合会場でのスパーリング」という位置づけであれば「レフェリー、タイムキーパーを用意するなど、JBCが関与することになる」という。

その場合は原則として6ラウンドまで、グローブも10オンス以上のものを着用することを求める方針だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ワタナベジム会長 12回スリップ判定に抗議文提出へ
田口良一の再戦準備続行へ渡辺会長「交渉する」
京口紘人が判定でV2 人生初のダウンに「油断したらダメ」
京口紘人 判定勝ちで2度目の防衛に成功
田口世界戦で異例のダウン巡るミスジャッジ。王座陥落に影響は?陣営抗議へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加