シンガポール航空とシルクエアー、スクートの30路線でコードシェア

シンガポール航空とシルクエアー、スクートの30路線でコードシェア

  • Traicy
  • 更新日:2017/12/05
No image

シンガポール航空とシルクエアーは、スクートが運航する30路線で共同運航(コードシェア)を開始する。

いずれもシンガポール航空グループの航空会社で、まずはスクートのみが運航する路線にシンガポール航空とシルクエアーの便名を付与する。これによりスクート便への乗り継ぎの場合でも搭乗券や手荷物のタグを発行することができるようになる。シンガポール航空

対象となるのはシンガポールとアムリトサル、アテネ、クラーク、大連、ゴールドコースト、海口、杭州、ハルビン、ハートヤイ、ホノルル、イポー、ジャイプール、ジッダ、済南、高雄、クラビ、クアンタン、クチン、ラクナウ、マカオ、南京、寧波、パレンバン、重慶、札幌/千歳、瀋陽、天津、ティルチラパッリ、無錫、西安、鄭州の30都市を結ぶ路線。

シンガポール航空とシルクエアー便名で購入した場合は、スクートの「FlyBagEat」運賃と同様に、受託手荷物、機内食、ドリンク、ブランケットといったサービスを受けることができる。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名前は『セナ』...マクラーレンの新型スーパーカーは史上最強の800ps、75万ポンド
ドイツ製を上回った! 日本の中小企業が手がけたカーボンプロペラシャフト
「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?
てんや値上げ ワンコイン天丼終了
店舗の内装・改装工事って、いくらぐらいかかるもの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加