中止発表した来季3大会主催者がLPGAと交渉再開

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/01/11

19年の女子ゴルフツアー開催継続を目指し、中止と発表されていた3大会の主催者がそろって年明けから日本女子プロゴルフ協会(LPGA)と交渉を再開した。

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子(宮城)を主催する宮城テレビ放送が交渉再開を申し入れたことに続き、KKTバンテリン・レディース(熊本)を主催する熊本県民テレビと中京テレビ・ブリヂストン・レディース(愛知)主催者の中京テレビも開催継続に向けた協議を開始したことを11日、明かした。

昨年末の19年ツアー発表の際、LPGAが目指す放映権一括管理の方針に合意できなかった3大会の中止を発表。その後、主催者側は選手約70人の連名による開催存続を求める要望書を受け取っていた。

中京テレビは「交渉を続けていた段階での中止発表は非常に遺憾とLPGAに伝えました」とした上で「選手の要望、ファンの声や思いを受け取り、開催の放送で話し合いを進めています」とコメント。

熊本県民テレビは「こちらはツアーを中止すると1度も言ったことはないですし、開催する方向で話をしています」と説明した。

ツアー関係者は「まだ交渉中だが、6割ぐらいは3ツアーとも開催継続する方向になっている」との見通しを口にしており、順調に交渉が進めば今月中には結論が出るとみられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
石川遼、今年の目標「日本ツアーで2、3回優勝」
安田祐香“女子アマ版マスターズ”招待状に笑顔「憧れのコース...うれしすぎる」
2019年「平成後」の大異変<ゴルフ編>女子プロ放映権トラブルでクーデターが勃発
金谷、ほろ苦さも収穫も=マスターズ制覇を夢見て-男子ゴルフ
石川遼、シーズン初戦へ好感触 今年の目標は「日本ツアーで2、3勝する」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加