高病原性鳥インフルエンザに感染 鶏約9万羽殺処分

高病原性鳥インフルエンザに感染 鶏約9万羽殺処分

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

香川県さぬき市の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されました。県は、鶏約9万羽の殺処分を始めました。

10日、さぬき市内の養鶏場から一晩で通常の5倍にあたる55羽の鶏が死んでいるのが見つかり、県で遺伝子検査を行っていました。その結果、感染力の強い高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されました。県は11日遅くからこの養鶏場と、近くにある系列の養鶏場で飼育されている約9万1000羽の殺処分を始めました。また、この養鶏場の半径3キロ以内にある9つの農場について鶏や卵の移動を禁じる措置が取られました。家畜での鳥インフルエンザの発生は今季で初の事例となります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホロコーストを招いた史上最悪の偽書(フェイク)とは
巨大クジラ 人間をサメから守る 南太平洋の奇跡(動画)
日本では考えられないイギリスのスーパーのおもしろネタ
大寒波っていうけどロシアに比べれば... 見よ、これが氷点下65度の世界だ。
1時間2万8,000円の特別サービス! 上海の日航ホテルが“売春宿”に!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加