最新ランキングをチェックしよう
発端はちょっと恥ずかしいお話?太宰治の名作「走れメロス」の元ネタと発端とは?

発端はちょっと恥ずかしいお話?太宰治の名作「走れメロス」の元ネタと発端とは?

  • Japaaan
  • 更新日:2017/11/13

太宰治の『走れメロス』は、正義を貫く青年メロス、友人セリヌンティウス、暴君ディオニスと言った人物が織り成す短編小説で、今も多くの人に爽やかな感動を与えています。しかし、その元ネタと執筆した発端は、意外なものでした。本項ではそれを紹介していきます。
古代ヨーロッパで生まれた友情の伝承が元ネタとなっていた

『走れメロス』は舞台が地中海の島であり、最後に“古伝説とシルレルの詩から”と記述されている所か

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
顔は天使なのに属性が「闇」過ぎるロシアの美少女サラちゃん
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
子がつく名前は「はじめから終わりまで...」? 拡散する「いい話」の正体を探る
「進化型レジャーホテル」が一般ホテルの“10年先”を行く理由
「0点」だった小学生の国語の回答が、むしろ天才的だった件!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加