最新ランキングをチェックしよう
発端はちょっと恥ずかしいお話?太宰治の名作「走れメロス」の元ネタと発端とは?

発端はちょっと恥ずかしいお話?太宰治の名作「走れメロス」の元ネタと発端とは?

  • Japaaan
  • 更新日:2017/11/13

太宰治の『走れメロス』は、正義を貫く青年メロス、友人セリヌンティウス、暴君ディオニスと言った人物が織り成す短編小説で、今も多くの人に爽やかな感動を与えています。しかし、その元ネタと執筆した発端は、意外なものでした。本項ではそれを紹介していきます。
古代ヨーロッパで生まれた友情の伝承が元ネタとなっていた

『走れメロス』は舞台が地中海の島であり、最後に“古伝説とシルレルの詩から”と記述されている所か

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】榎本加奈子さんの現在がヤヴァイ
剛力彩芽が心境告白「厳しいご意見も真摯に...」
ええっ、こんなに多いのに!? 日本の「貧乏」の収入基準を見て、驚いた=中国メディア
キンプリ岩橋玄樹が“世界で最もハンサム”赤西仁を抜く大記録を達成!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加