原口元気、3試合ぶりの先発でフル出場も見せ場なし。ハノーファーは数的不利響き4失点大敗

原口元気、3試合ぶりの先発でフル出場も見せ場なし。ハノーファーは数的不利響き4失点大敗

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2019/11/10
No image

原口元気【写真:Getty Images】

【ハイデンハイム 4-0 ハノーファー ブンデスリーガ2部第13節】

ドイツ・ブンデスリーガ2部第13節、ハイデンハイム対ハノーファーが現地時間10日に行われた。試合はアウェイのハノーファーが0-4の大敗を喫した。

ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気は3試合ぶりのスタメン入りを果たした。

試合開始早々の3分、右サイドからのクロスに最後はティムが合わせ、ハイデンハイムが先制に成功した。後半開始早々の49分、右CKからティムがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。ハノーファーは追加点を許し、厳しい状況となってしまった。

さらに51分、ハノーファーDFフランケがペナルティエリア内で相手を倒してしまい、PKを与えてしまう。このプレーでフランケが退場。数的不利を強いられた。このPKをマルクが決め、ハノーファーはリードを3点に広げられてしまう。

一人少ないハノーファーはその後、さらに1点を失い完全に試合を決められてしまう。試合はこのまま終了し、ハノーファーは0-4の敗戦を喫した。

【得点者】
3分 1-0 ティム(ハイデンハイム)
49分 2-0 ティム(ハイデンハイム)
53分 3-0 マルク(ハイデンハイム)
70分 4-0 セバスティアン(ハイデンハイム)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ハイライト動画あり】スペインが逃げ切り、ベスト8進出。FIFA U-17ワールドカップ
ウェールズ逆転予選突破 ユーロ出場20チーム決定
「ホームで砕け散った」「サポーターも呆然」日本の大敗を海外メディアも驚きをもって報道
日本代表戦観戦の神戸FWビジャ、16歳年下の元同僚との“再会ユニフォーム交換”に感激
韓国代表が2位転落。トルクメニスタン代表がスリランカ代表を2-0で下し首位浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加