ロシアW杯出場選手4人に3人は欧州クラブ在籍。日本と同組ポーランドはイタリア色濃いめ

ロシアW杯出場選手4人に3人は欧州クラブ在籍。日本と同組ポーランドはイタリア色濃いめ

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/06/15
No image

ポーランド代表にはイタリアでプレーする選手が7人【写真:Getty Images】

14日にロシアワールドカップが開幕する。イタリア代表は60年ぶりにワールドカップ行きの切符を逃したが、それでもイタリアのリーグからは多くの選手が出場予定だ。『インフォメーション・ラボ・イタリア』のデータをもとに、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が出場選手を分析した。

出場32ヶ国が23人の選手を登録し、ロシアワールドカップでピッチに立つ権利があるのは736人だ。

このうち約4人に3人、73.9%がヨーロッパのクラブでプレーしている選手となっている。リーグ別ではプレミアリーグがトップ。全体の約17%にあたる124選手がプレミアリーグのクラブに籍を置く選手だ。2位はスペイン・ラ・リーガで81選手。ドイツ・ブンデスリーガが3位で、イタリア・セリエAは58人で4位となっている。

クラブ別では、マンチェスター・シティ(イングランド)がトップで16選手をロシアワールドカップに送り込んでいる。レアル・マドリー(スペイン)が15人、バルセロナ(スペイン)が14人、ユベントス(イタリア)が11人と続いた。

なお、同紙は最もセリエAでプレーしている選手が多い代表に日本代表と同組のポーランドを挙げた。じつに7選手が同国代表に呼ばれている。また、クロアチア代表では6人がセリエAの選手だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
12歳で身長2メートル13センチ! バスケの試合にスーパー小学生が出場したらこうなります
「戦う準備が出来てる選手がいる」クロアチア代表に激震! 出場拒否のミランFWを追放【ロシアW杯】
「なんて馬鹿げたパスだ!」デ・ブルイネの“鬼クロス”をメディアもファンも大絶賛!
サッカーW杯優勝国はココだ AIが100万回のシミュレーションでズバリ予想
60年ぶりに掴んだ悲願の1勝! スウェーデン指揮官「ファンへの甘い贈り物だ」【ロシアW杯】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加