最新ランキングをチェックしよう
理研、自己と他者が空間のどこにいるかを認識する仕組みを発見

理研、自己と他者が空間のどこにいるかを認識する仕組みを発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/18

理化学研究所(理研)は、自己と他者が空間のどの場所にいるのかを認識する仕組みを、ラットの脳の海馬における神経細胞の活動を記録することで明らかにしたことを発表した。

同成果は理研 脳科学総合研究センターシステム神経生理学研究チームの藤澤茂義氏、檀上輝子氏、神経適応理論研究チームの豊泉太郎氏らの共同研究チームによるもので、米国の科学雑誌「Science」に掲載されるのに先立ち、オンライン版(1月11

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
橋下徹「日大アメフト対応はなぜ最悪か」
木村拓哉、「Mステ」から不自然な排除で「新しい地図」へ合流の現実味
【速報】YouTuber松居一代さんが電撃復帰「至急にご報告をしないといけないことが生じました」 コメント欄には歓喜の声
国分太一が日大を痛烈批判で「ジャニーズはどうなんだ?」の大ブーメラン
白髪司会者は日大広報部 会見紛糾「見てても見てなくてもいい」「しつこい!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加