最新ランキングをチェックしよう
理研、自己と他者が空間のどこにいるかを認識する仕組みを発見

理研、自己と他者が空間のどこにいるかを認識する仕組みを発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/18

理化学研究所(理研)は、自己と他者が空間のどの場所にいるのかを認識する仕組みを、ラットの脳の海馬における神経細胞の活動を記録することで明らかにしたことを発表した。

同成果は理研 脳科学総合研究センターシステム神経生理学研究チームの藤澤茂義氏、檀上輝子氏、神経適応理論研究チームの豊泉太郎氏らの共同研究チームによるもので、米国の科学雑誌「Science」に掲載されるのに先立ち、オンライン版(1月11

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【速報】ジョコ優勝で史上初の偉業。フェデラーを破り「ゴールデン・マスターズ」達成[ATP1000 シンシナティ]
お箸が止まらない!なすを美味しく食べる「無限なす」レシピ
1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......
26歳になった“アイドル・白石麻衣”は「もう、どこへでも行ける?」
仮想空間でのバーチャルセックス「テレディルドニクス」関連特許が失効しスマートセックス玩具業界に新たな波

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加