全世界で破格の大ヒット! インド映画『DANGAL(原題)』日本公開決定

全世界で破格の大ヒット! インド映画『DANGAL(原題)』日本公開決定

  • クランクイン!
  • 更新日:2017/12/06
No image

映画『DANGAL(原題)』メインビジュアル<画像を拡大する>

全世界興行収入340億円を突破し、歴代インド映画の世界興収ナンバーワンを記録した映画『DANGAL(原題)』の日本公開が、2018年4月に決定した。

【関連】「アーミル・カーン」フォトギャラリー

本作は、インドのある一組の家族の実話を基に描いた物語。レスリングを愛する一人の男は、生活のために選手として生きることは諦めたが、道場で若手を指導しながら、いつか息子を金メダリストにすることを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。それからというもの神頼みに始まり、ありとあらゆる産み分けを試すも、授かったのは4人連続で女の子だった。

すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子を打ちのめした長女と次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切るといった行動に一家は町中の笑いもの。そんな中、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、娘たちは目覚しい才能を開花させて…。

『DANGAL(原題)』は、インドだけではなく中国でも話題を呼び、興収96億円をたたき出した『君の名は。』に、2倍以上の差をつける200億円超えというヒットを記録。続いて公開された香港でもインド映画歴代ナンバーワンを樹立した。

主演は、日本でも公開された『きっと、うまくいく』『PK』のアーミル・カーン。他に『始まりは音から~インド詩七篇』のサークシー・タンワル、ファーティマー・サナー、サニヤー・マルホートラらが名を連ねている。

映画『DANGAL(原題)』は、2018年4月より全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAPの新作映画に「裏切りメンバーへのメッセージ?」と憶測噴出!
細田守の最新作は「未来のミライ」、2018年夏に公開
新海誠監督の4作品、2018年新春に一挙放送! すべて"本編ノーカット版"
DIME最新号は「スター・ウォーズ」大特集!特別付録はスマホでVRを楽しめる超豪華3D VRゴーグル
「君の名は。」地上波初放送を記念して、新海誠監督による4作品を“本編ノーカット版”で放送!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加