ナショナルズ起死回生の“逆王手”体調不良ストラスバーグ点滴打って7回0封

ナショナルズ起死回生の“逆王手”体調不良ストラスバーグ点滴打って7回0封

  • フルカウント
  • 更新日:2017/10/12
No image

カブス戦で好投したナショナルズ・ストラスバーグ【写真:Getty Images】

8回にテイラー満塁弾、崖っぷちでカブスを捉える

ナショナルズは11日(日本時間12日)、敵地で行われたカブスとのナ・リーグ地区シリーズ第4戦に5-0で勝利し、対戦成績を2勝2敗に戻した。勝敗は、ナショナルズの本拠地ワシントンDCに戻って行われる12日(同13日)第5戦に持ち込まれた。

エースが魂の力投を見せた。悪天候のために開催が1日延期された第4戦。1勝2敗で負けたら敗退という崖っぷちに立たされたナショナルズは、エース右腕ストラスバーグが先発マウンドに上がった。前日までインフルエンザの症状を見せていた右腕だが、抗生物質と点滴による治療を受けて回復。この日、ベイカー監督に直訴して先発マウンドに上がった。

2回こそ走者を三塁まで進めたが、後続を打ち取って無失点とすると、7回を投げて3安打12奪三振2四球で無失点の熱投を披露。カブス打線を封じ込めた。

打線は、カブス先発アリエッタが5四球と荒れる中、なかなか安打はでなかったが、3回にターナーの左二塁打、ハーパーの四球などで2死二、三塁の好機を生むと、ジマーマンの打球をカブス遊撃ラッセルが捕球ミスする間に1点を挙げた。

試合は終盤まで1点を争う接戦となったが、8回2死から安打と2四球で満塁の絶好機を迎えると、テイラーが変わり端のカブス守護神デービスから右翼へ満塁弾。一気に試合を決めた。

これで対戦成績は2勝2敗の五分。第5戦の勝者が、14日(同15日)から始まるドジャースとのリーグ優勝決定シリーズ進出権を手に入れる。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドジャース、29年ぶりの頂上決戦=よみがえる名勝負、名場面-日本との深い絆も
【MLB】31年前のワールドシリーズMVP選手が暴行容疑で逮捕、米紙が報じる
【MLB】WS47年ぶりの珍事!? 100勝超え対決は史上8度目、勝敗のカギは第3戦?
エース左腕対決で開幕=25日からWシリーズ-米大リーグ
ドジャースの前田、ひのき舞台に気合=米大リーグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加