【衆院選】希望の党は“小池屋”のポテチ!? 茂木敏充経済再生相「言ってることが薄っぺらい」

【衆院選】希望の党は“小池屋”のポテチ!? 茂木敏充経済再生相「言ってることが薄っぺらい」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/11

茂木敏充経済再生担当相は11日、衆院選山梨1区に自民党公認で立候補した前職、中谷真一氏(41)の応援で甲府市を訪れ、JR甲府駅南口の武田信玄公像前でマイクを握った。

茂木氏は小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」の政策について、「ユリノミクスだか湖池屋のポテトチップスだか分からないが、言っていることが薄っぺらい。これでは国民の生命、子供たちの将来を預けられない」と、小池氏の姓と老舗ポテチメーカーの名称をかけて批判した。

その上で「北朝鮮情勢が緊迫している。民主党政権の時代に尖閣問題で中国につけ込まれた。強い政権基盤が必要だ」と安倍晋三政権継続の必要性を訴えた。

山梨1区には、民進党県連代表の前職、中島克仁氏(50)が無所属で立候補したが、「政権選択選挙に無所属で出ること自体が候補者として失格だ」と指摘。「中谷さんはかつて自衛隊にいた。誰よりも国を守る強い気概を持っている。再び国会に送り出してほしい」と支持を訴えた。

山梨1区には中谷、中島両氏のほか、共産党新人の宮内現氏(35)と幸福実現党新人の西脇愛氏(32)が立候補している。

No image

遊説する茂木敏充経済再生担当相(左、昌林龍一撮影)と小池百合子・希望の党代表(佐藤徳昭撮影)=いずれも11日

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ああ、希望は東京壊滅 小池側近の若狭氏まで落選? 刺客は返り討ち 自民党は新潟全敗の危機も
希望の党が惨敗へ、早くも小池百合子氏の責任論浮上...傲慢さ露呈で有権者から嫌悪感
不倫疑惑で崖っぷちでも楽しげな“アニー”山尾志桜里氏のドブ板戦術とは?
立憲民主、なぜ勢い?=希望と一線「筋通した」の声【17衆院選】
自公、圧勝で安定多数へ...希望の党惨敗で消滅も、小池百合子は女性支持失い政治生命終了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加