酒井若菜、自身の病「利用された」思い明かす

酒井若菜、自身の病「利用された」思い明かす

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20
No image

酒井若菜(写真は2013年3月9日)

膠原(こうげん)病の闘病中であることを告白した女優の酒井若菜(36)が、病を著書のPRに「利用された」ことへの不信感をつづるとともに、病に向き合う現在の思いを明かした。

酒井は2月、対談・エッセー本「酒井若菜と8人の男たち」(キノブックス)を発売。同書の中で、昨年初めに膠原病を発症したことを明かしたが、発売前のブログで「本が誤解をされてしまうと本望ではありませんので、少々訂正させていただきます」と、同書がいわゆる病気告白本ではないことを説明。PR担当者が本の趣旨とズレる病気公表の部分を大々的に取り上げてしまったが、酒井は「PRのかたも、もちろん悪気はありません。むしろプロフェッショナルな視点で、何がキャッチーかを考えて資料を制作してくださっただけです」とフォローしていた。

それでもやはり、「本の出版のPRで『ヒキがある』という理由で勝手に病を利用されたことがとても悲しかった」と、当時の心境を19日付のブログにつづった。そうした経験から、12日に放送されたNHK Eテレ「リハビリ・介護を生きる」の出演にあたっても「病を利用しない」ことや「病や休業があったから文章を書いているわけではないのでそこを都合よく結びつけないでほしいということ」などを条件とし、編集後のVTRを事前にチェックし意に反する部分はカットしたが、「しかし、いざ見た告知では、病気、病気、病気 また病を利用されたように感じてしまい、なかなか受け入れられず、告知できませんでした」と明かした。

「病を扱う番組に出演する人は、病を受け入れたり、乗り越えたかたが多いと思います しかし私はまだ、完全に病を受け入れられていません」という酒井だが、「でも番組でも話している通り、向き合うしかないことには向き合える、と思っているので、番組に携わる上で、病気、病気という文言にいちいちズキズキしていましたが、ようやく告知までたどり着きました 笑」と、同番組の再放送を自身のブログで告知。「私はやはり、自分の不幸や悲しみを振りかざすことが、得意じゃない」との一文で結んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
奇跡の“二次元ボディ”天木じゅん、たわわな美バスト際立つビキニで魅了
バカリズムが「お前、殺すぞ!」と激高した相手がとんでもなかった!?
新垣結衣と石原さとみの衣装が丸かぶり!「逃げ恥」「校閲ガール」に珍事発生
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加