最新ランキングをチェックしよう
7場所連続休場中の稀勢の里 高安と胸合わせ9勝2敗「いい稽古ができた」

7場所連続休場中の稀勢の里 高安と胸合わせ9勝2敗「いい稽古ができた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/06/15

大相撲の田子ノ浦部屋の合宿が15日、徳島市の徳島文理大で始まり、7場所連続休場中の横綱・稀勢の里(31)が大関・高安(28)と三番稽古を行った。稀勢の里が高安と胸を合わせるのは、左大胸筋痛で全休した5月の夏場所の前以来。すくい投げを打たれて土俵下まで転げ落ちる場面もあったが、右上手を引きつけて前に出る相撲がほとんどで、11番取って9勝2敗だった。

ぶつかり稽古で高安(左)に胸を出す稀勢の里

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
史上最重量292キロ・大露羅引退 ロシア出身初の力士
稀勢 607日ぶり白鵬戦は完敗、無言貫く 鶴竜戦で意地見せる
白鵬、幕内1000勝&41度目優勝W王手 横綱初対決!稀勢の里を圧倒
稀勢の里ショック 白鵬戦見せ場なし...八角理事長「横綱の気力の差」
大鵬孫、納谷が初負け越し 朝青龍おい豊昇龍に敗れ幕下から三段目に転落へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加