最新ランキングをチェックしよう
7場所連続休場中の稀勢の里 高安と胸合わせ9勝2敗「いい稽古ができた」

7場所連続休場中の稀勢の里 高安と胸合わせ9勝2敗「いい稽古ができた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/06/15

大相撲の田子ノ浦部屋の合宿が15日、徳島市の徳島文理大で始まり、7場所連続休場中の横綱・稀勢の里(31)が大関・高安(28)と三番稽古を行った。稀勢の里が高安と胸を合わせるのは、左大胸筋痛で全休した5月の夏場所の前以来。すくい投げを打たれて土俵下まで転げ落ちる場面もあったが、右上手を引きつけて前に出る相撲がほとんどで、11番取って9勝2敗だった。

ぶつかり稽古で高安(左)に胸を出す稀勢の里

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「やったー」と大歓声=御嶽海関の初優勝に-長野・上松町
心優しい御嶽海、ケンカは自分より強い人と/こんな人
御嶽海 母・マルガリータさんは号泣「信じられない」
【一問一答】御嶽海、両親への報告は「優勝しちゃったよ」
御嶽海、歴史的V!平成生まれ日本出身初 秋場所で大関獲りへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加