「キン消し」が初代造形師の息子の手でリバイバル トントン相撲で遊んだ思い出がよみがえる......!

「キン消し」が初代造形師の息子の手でリバイバル トントン相撲で遊んだ思い出がよみがえる......!

  • ねとらぼ
  • 更新日:2016/10/18

1980年代にブームとなった「キン肉マン」の消しゴムフィギュア、通称「キン消し」が「キンケシプレミアム」シリーズとして復活。第1弾の「〜キンケシ・復活!! 序章(プロローグ)の巻〜」がバンダイより発表されました。昔よく、プラモの箱を土俵にして、紙相撲のように遊んだなあ……(遠い目)。

No image

超人界の各勢力から選ばれた15人がラインアップ。高さは約4.4センチ

ブーム当時のキン消しはカプセルトイでしたが、今回は15体セットのフィギュアとして販売されます。正義超人からはキン肉マン、残虐超人からはカレクック、悪魔超人からはアシュラマン、完璧超人からはネプチューンマンなど、各勢力の超人がラインアップ。「週刊プレイボーイ」で連載中の新シリーズに登場する「完璧・無料大数軍(パーフェクトラージナンバーズ)」からも、ネメシスやストロング・ザ・武道ら4人が選ばれ、初のキン消し化を果たしています。

No image

左から順に、キン肉マン、ピークア・ブー、ロビンマスク、ネメシス

No image

左から順に、キン肉マン、ピークア・ブー、ロビンマスク、ネメシス

No image

テリーマン、マックス・ラジアル、ストロング・ザ・武道、ザ・魔雲天

No image

テリーマン、マックス・ラジアル、ストロング・ザ・武道、ザ・魔雲天

No image

アシュラマン、ネプチューンマン、ブラックホール、ミスターカーメン

No image

アシュラマン、ネプチューンマン、ブラックホール、ミスターカーメン

No image

スカイマン、カレクック、カナディアンマン。チョイスが渋い……

造形においては、初代キン消しを手掛けた広田圭司さん(「広」は旧字)の子息、敬厚(ひろあつ)さんが全原型を総監修。ワックス(ろう)を使用した当時の製法のままで、原型を新規に製作しています。キン消しの頭身バランスやポーズは、当時のものを忠実に継承しているとのこと。

No image

親子2代に渡る造形師からのコメント

バンダイプレミアムで予約を受付中。価格は4320円(税込)で、2017年2月の発送を予定しています。

(沓澤真二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
漂流者も廃棄物も勢揃い! TVアニメ『ドリフターズ』のLINEスタンプ登場
「聖闘士星矢」30周年記念オフィシャルウォッチ 3000点限定
『喧嘩番長 乙女』のTVアニメ化が決定! 2017年春より放送予定
クリスマスには何が待ってる?ポケモンGOで開催されるであろうクリスマスイベント大予想!【ポケモン噂の事件簿266】
TVアニメ『亜人ちゃんは語りたい』、原作コミックス発行部数が110万部突破
  • このエントリーをはてなブックマークに追加