潮崎豪「一発に魂を込めて」平成維震軍を蹴散らす

潮崎豪「一発に魂を込めて」平成維震軍を蹴散らす

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

潮崎豪(14年12月9日撮影)

<パワーホール後楽園大会>◇14日◇後楽園ホール

長州力(66)と同じラリアットを得意技とする潮崎豪(35=ノア)が、平成維震軍のレジェンドを蹴散らした。

第4試合で、クワイエット・ストーム(ノア)神谷英慶(大日本)と組んで、越中詩郎、AKIRA、斎藤彰俊組と対戦。

豪腕ラリアットや垂直落下式ブレーンバスターを披露し、13分22秒、斎藤から3カウントを奪った。潮崎は「長州さんはプロレス界の一時代を築いた人。同じリングに立ってみたかった。あの年で走り回って、腕をぶんぶん振り回す姿は、見ているだけで刺激になる。今回、長州さんの大会に出られて光栄です」と話した。

また、長州と同じラリアットを得意技にしていることについて「長州さんのラリアットとオレのは別もの。オレは一発一発に魂を込めて、自分のやり方で、別のラリアットをうつものとして頑張っていきたい」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長州力、藤波辰爾が再び名勝負、昭和プロレスで魅了
村田諒太「恩恵返す」最終目標はタイソン以来東京D
猪木さん、坂口さんを上司なんて思えないよ 元プロレスラー キラー・カーン【前編】
タイソン世界戦2度とも5万超/東京ドームと格闘技
あいつはプロレスラーの強さって何なのかをわかっていない 元プロレスラー キラー・カーン【後編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加