本仮屋ユイカ、先に嫁いだ妹に刺激「自分も結婚したいと思うように」

本仮屋ユイカ、先に嫁いだ妹に刺激「自分も結婚したいと思うように」

  • ORICON STYLE
  • 更新日:2016/12/01
No image

テレビ朝日系ドラマスペシャル『検事の本懐』(12月3日放送)に出演する本仮屋ユイカ(C)テレビ朝日

俳優の上川隆也が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『検事の本懐』が12月3日(後9:00)に放送される。作家・柚月裕子氏による“佐方貞人シリーズ”の映像化第3弾。「犯した罪はまっとうに裁かれなければならない」という信念を貫く硬骨のヒーロー・佐方貞人が今回迫るのは、大物政治家が絡んだ贈収賄事件の衝撃の真相。さらに、亡き父が残した29年前の謎が明らかになる。

【写真】お好み焼き作りに挑戦した上川隆也&本仮屋ユイカ

同ドラマは、上川演じる佐方とコンビを組む女性キャラクターとのバディものでもある。第1弾では倉科カナ、第2弾では志田未来が共演。今回は、本仮屋ユイカが、佐方に振り回されながらも真実の究明に奔走する検察事務官・加東栞(かとう・しおり)を熱演している。

「前作をたまたまリアルタイムで観ていました。なので、出演のお話をいただいて、とても光栄に思いました。以前、『レディ・ジョーカー』(2013年、WOWOW)で上川さんとワンシーンだけ共演したことがあるのですが、とてもやさしくしていただいたので、ぜひ一緒にやりたいですってお返事しました」。

本作で本仮屋が演じる栞は、東京地方検察庁特捜部所属の検察事務官。検察は上意下達の組織であり、事務官は指示どおりに動くだけとクールに割り切っていた。だが、米崎地方検察庁から応援でやってきた佐方とコンビを組むことになる。

「私が演じる加東はとことん真面目な事務官で、今まで教わったことすべてに忠実にいようとする、頑なな女性。反発を覚えつつも、佐方検事の真実への向き合い方を尊敬するようになるので、その敬意を少しずつ出していかなければいけなかったのですが、私は最初から『上川さん、LOVE』でしたから(笑)、それが出ないように必死で気をつけました」。

本仮屋は「台本に、『○○さん、好きです』と書いてあると、本当に好きになっちゃうし、『嫌い』と書いてあったら嫌いになれる。役を自分にリンクさせてしまうところがあるんです。役で演じたことは、本仮屋ユイカの血肉になるし、私自身の経験はすべてお芝居の糧になる。これまでにやったすべての役がずっと自分の中に残っていて、新たに加東栞が加わりました」と感慨深げだ。

2012年と14年に放送されたドラマ『そこをなんとか』(NHK・BSプレミアム)で、弁護士役を演じたことがあった。「私の女優人生を変えてくれた大きな作品です。依頼者の幸せのために、という使命感に突き動かされる改世楽子のキャラクターは自分に近いところもあって。『検事は敵』というのがしみついている部分もあって、今回の検察事務官の役をつかむまで、自分の中では難しかったんです。ヒントをくれたのはやはり、上川さんでした。雑談の中にもひらめきにつながる言葉があって、役をつかむことができました。上川さんにしてみたら、『そんなにアドバイスしたかな?』と思われるかもしれないのですが、大きい海で溺れなかったのは、上川さんという灯台が光ってそこにいてくれたから泳ぎきれたという感じです」。

今回の作品は、京都の撮影所で行われ、本仮屋にとっては初めての経験となった。「京都での撮影は初めてでしたが、とても新鮮で、まるで違う国にやって来たような驚きと発見がありました。その中で元気に、自分らしくひとつ作品をやり遂げられたことは自分の中で自信になりました。大親友の貫地谷しほりちゃんが別の撮影で京都に来ていたので、一緒に食事に行くことができて、とても癒されました(笑)。友人から『“京都有次”の包丁は買って来るべき』とアドバイスされたので、撮影の合間に京都の町に出て、包丁を買って名前も彫っていただきました。妹と叔母の包丁と、マネージャーのまな板も買いました(笑)」と、満喫。

妹で、東海テレビのアナウンサーの本仮屋リイナは今年、結婚と妊娠を発表。「妹の包丁にはもちろん、嫁ぎ先の名字を彫ってもらいましたが、自分のには『本仮屋ユイカ』と彫ってしまったので、嫁ぐ時どうしましょう(笑)。結婚に興味ゼロの女だったんですが、妹が結婚して、自分も結婚したいと思うようになりました。今年、変わったこといえば、それが一番かな(笑)」。

そういったことをあっけらかんと話す本仮屋は、撮影現場でも同じだったようで、共演した上川も「今回の撮影現場は“本仮屋ワールド”に皆、楽しく巻き込まれていました」とほほ笑ましく話していた。最後にドラマをPR。

「このシリーズは、佐方検事がどこまでもブレないところが魅力。“この時代にこんな人がいるんだ!”というカッコよさと、観終わった後の爽快感がいちばんのみどころ。その佐方に感化され、変化していく加東にも注目していただけるとうれしいです!」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キムタク以外やる気なし!?『SMAP×SMAP』の卓球対決にファン失望「目が完全に死んでる......」
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
サバンナ高橋、SMAPから笑顔を消した失言に「お前がいなくなれ!」の大罵声
“全裸×指1本”絶妙な自撮りが流行中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加