App Storeの検索広告、2種類に

App Storeの検索広告、2種類に

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2017/12/06
No image

Appleが、App Storeでの検索広告表示サービス「Search Ads」を、基本機能のみ利用可能な「Search Ads Basic」と、より積極的に広告展開することが可能な「Search Ads Advanced」の2種類に分けて提供開始している。

Search Ads Basicは、毎月の予算額を設定し、App Storeからアプリがダウンロードされ、インストール・起動するまでの単価(CPI)を設定するだけとなっている。

Search Ads Basic

また、課金は実際にインストールされた場合のみ発生する。

アメリカのみで利用可能で、2018年秋には世界で利用可能になるそうだ。

No image

Search Ads Advanced

Search Ads Advancedは、新規インストールだけでなく、再ダウンロードを促進させるなど、より積極的に広告アプローチできるツール。

Appleが推奨するキーワードの他に独自キーワード設定が可能で、検索マッチを調べることも出来ます。

性別、年齢、地域の絞り込みも可能で、iPhoneだけ、iPadだけに表示することも可能になっている。

現在、100ドル分の無料クレジットが限定配布されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドンキの2万円PCを購入、中身を確認する
姉から送られてきた、3Dプリンターで作った精巧な「トヨタのエンジン」の動画が話題に!
日本の町工場が開発した超高精度ハンドスピナーがMakuakeに登場
スマホ全盛の今だからこそ、防水防塵耐衝撃仕様のガラケーがアツい!
動く年賀状が作れる!?スマホで撮った動画をプリントできる世界初のプリンター『Lifeprint』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加