最新ランキングをチェックしよう
困っている人がいたらなんでもやりたい 明照会理事長 河原至誓さんインタビュー

困っている人がいたらなんでもやりたい 明照会理事長 河原至誓さんインタビュー

  • 介護のほんねニュース
  • 更新日:2016/10/20

老人ホームよりお坊さんをやりたかった

聞き手:山本あずさ
【山本】社会福祉法人明照会の理事長になるまでのお話をお聞かせください。
【河原】僕、実家がお寺なんです。お寺の次男として生まれたので住職になれないことはわかっていたんですが、お坊さんにはなりたいと思っていました。人の役に立ち、困っている人をサポートできそうじゃないですか。サラリーマンみたいな働き方でもないし、今で言うカウンセラーみたいなこ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銀行口座、ついに維持手数料が徴収される時代に?今からできる2つの防衛策
【悪夢】深夜バスにいる迷惑客! 信じられない話だが本当にいる極悪客11連発
【キモイ】今朝の東京メトロ千代田線の遅延理由が「頭おかしすぎる」と話題 / 男性複数人があえて女性車両に乗り込み......
目がカユい...実は目の中に寄生虫が14匹もいた
慶應幼稚舎入試、それは壮大なオーディション!サラリーマン家庭出身者の、逆転勝機の秘訣とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加