最新ランキングをチェックしよう
困っている人がいたらなんでもやりたい 明照会理事長 河原至誓さんインタビュー

困っている人がいたらなんでもやりたい 明照会理事長 河原至誓さんインタビュー

  • 介護のほんねニュース
  • 更新日:2016/10/20

老人ホームよりお坊さんをやりたかった

聞き手:山本あずさ
【山本】社会福祉法人明照会の理事長になるまでのお話をお聞かせください。
【河原】僕、実家がお寺なんです。お寺の次男として生まれたので住職になれないことはわかっていたんですが、お坊さんにはなりたいと思っていました。人の役に立ち、困っている人をサポートできそうじゃないですか。サラリーマンみたいな働き方でもないし、今で言うカウンセラーみたいなこ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「買ってはいけない激安家電」の見分け方
【未来キタ】一瞬で自分たちの結婚式会場にタイムスリップ / VRを使ったウェディングプランが登場したってよ
8月から「年金受給」範囲拡大 いつから、いくらもらえるのか?
高時給でもムリ!学生が涙「精神的にやられたアルバイト」
キスは江戸時代の方がスゴい!?実に生々しく切なかった「口吸い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加