最新ランキングをチェックしよう
困っている人がいたらなんでもやりたい 明照会理事長 河原至誓さんインタビュー

困っている人がいたらなんでもやりたい 明照会理事長 河原至誓さんインタビュー

  • 介護のほんねニュース
  • 更新日:2016/10/20

老人ホームよりお坊さんをやりたかった

聞き手:山本あずさ
【山本】社会福祉法人明照会の理事長になるまでのお話をお聞かせください。
【河原】僕、実家がお寺なんです。お寺の次男として生まれたので住職になれないことはわかっていたんですが、お坊さんにはなりたいと思っていました。人の役に立ち、困っている人をサポートできそうじゃないですか。サラリーマンみたいな働き方でもないし、今で言うカウンセラーみたいなこ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本人はすでに先進国イチの怠け者で、おまけに労働生産性も最低な件
【意外な結末】名古屋の小さなアメ工房にベッカムの息子からオーダーが来た! 依頼通りに製造して送ったところ......
研究で判明!「今すぐキスしたほうがいい」8つの理由
精神科医が語る!「寝る前2時間」で人生は決まる
「1万円札3枚を35,500円で売ります」メルカリに出品される「現行紙幣」に潜む闇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加