最新ランキングをチェックしよう
困っている人がいたらなんでもやりたい 明照会理事長 河原至誓さんインタビュー

困っている人がいたらなんでもやりたい 明照会理事長 河原至誓さんインタビュー

  • 介護のほんねニュース
  • 更新日:2016/10/20

老人ホームよりお坊さんをやりたかった

聞き手:山本あずさ
【山本】社会福祉法人明照会の理事長になるまでのお話をお聞かせください。
【河原】僕、実家がお寺なんです。お寺の次男として生まれたので住職になれないことはわかっていたんですが、お坊さんにはなりたいと思っていました。人の役に立ち、困っている人をサポートできそうじゃないですか。サラリーマンみたいな働き方でもないし、今で言うカウンセラーみたいなこ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
意味がわかると怖い話4選。あなたはすべての謎を解明できるか!?
「そりゃ過労死するわ」日本人の自縄自縛
スーパーの「お客様の声」におばあちゃんが孫への本音を書き込む
【悲報】報道が違う?教師が「窓から飛び降りろ」の報道が歪曲されているとFacebookで話題に
あなたの家でも起こるかも...... 「小窓を施錠しないまま寝ていたら、恐ろしい目にあった」漫画が本当に怖い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加