神と呼ばれる白黒“パンダウナギ”お目見え

神と呼ばれる白黒“パンダウナギ”お目見え

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19
No image

鹿児島県の志布志湾・海の駅イルカランドに珍しいウナギがお目見えした。

志布志湾・海の駅イルカランドの施設内のミニ水族館に展示されているのは、白と黒のまだら模様が特徴的なウナギ。その見た目から“パンダウナギ”と呼ばれている。同じ水槽には、真っ白なウナギも。

いずれもウナギの生産日本一を誇る鹿児島の養鰻業者から贈られた。業者の人は、これまでパンダウナギが死んだところを見たことがなく、「神」と呼んでいるという。色素の異常とみられるが、なぜ、このような模様になるかは分からないという。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ネット見て作った」爆発物騒ぎ 白い粉の正体は...
福島から避難 教諭が児童を「菌」と発言
成宮寛貴、薬物疑惑よりも200万円のバーキンでキメたファッションにクギ付け
「室内から異臭が...」アパートに男女の遺体 親子か
週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加