大雪 首都圏で帰宅困難者多数出るおそれ 早く帰宅を

大雪 首都圏で帰宅困難者多数出るおそれ 早く帰宅を

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2018/01/22
No image

2018/01/22 11:45 ウェザーニュース

南岸低気圧の影響で、東京都心で雪が降り始めています。午後は雪が強まって市街地でも積雪となり、大雪となるおそれがあります。交通網に大混乱が生じ、大勢の帰宅困難者が出る可能性があるため、できる限り早く帰宅してください。

夕方からが雪のピーク

首都圏では午後のほうが雪が強まる予想で、特に夕方から夜にかけて、本格的な積雪となる予想です。

この記事の影響予測表では、降雪量をもとにした影響予測を表示しています。

鉄道の場合、
・着雪による倒木
・ポイントの故障
・送電設備の故障
・除雪
などにより、列車の遅延や一部運休、運転見合わせの可能性があります。

道路の場合、
・スリップによる事故
・立ち往生
・除雪
などにより、速度規制や通行止めの可能性があります。

大勢の帰宅困難者が出てしまう可能性もあります。代替交通手段の確保だけでなく、午後の予定の変更や早めの帰宅を強く推奨します。

ノーマルタイヤでの走行は厳禁

雪道に慣れていない方は車の運転を控えてください。
雪道に慣れている方でも、運転をされる場合は必ず冬用タイヤやチェーンを装着するようにしてください。
また、装備を整えたからと過信せず、速度を落として車間距離をとり、急な操作をしないようにしてください。

関東の雪は数時間先も予測が難しい… ビッグデータで解析中

低気圧は南からは暖かな空気を、北からは冷たい空気を引き寄せます。本州から見て低気圧が南を通ると(南岸低気圧)、本州付近には冷たい空気が引き寄せられます。
今日の関東付近には、北から大気下層に冷たい空気が流れ込みやすくなる予想で、市街地でも雨では無く雪となる可能性が高くなっています。

ただし、たった1℃の気温の上下や湿度等により、雪になるかどうかや、積雪の量に大きな差が生じてしまうため、数時間先の予報も難しい状況です。
ウェザーニュースでは、首都圏のユーザーから寄せられる気温や天気、積雪の投稿(位置情報付きのビッグデータ)をリアルタイムに解析し、常に最新の予報を更新し、お伝えしてゆきます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】放火殺人で“車中生活”男女4人逮捕
1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
京王井の頭線、下北沢工事で区間運休! →予定より早い運転再開に「スゴい!」
コンビニ店員に多大なストレス?厄介な「成人誌」問題...ミニストップ全店舗撤去の真の狙い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加