要因に自動車も 米商務長官が対日赤字削減訴え

要因に自動車も 米商務長官が対日赤字削減訴え

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカ、トランプ政権のロス商務長官は日本との貿易赤字の削減を訴え、自動車市場で非関税障壁があると批判しました。

ロス商務長官:「日米のモノの貿易では大きな赤字となった。689億ドル(約7兆8000億円)だ。この関係のバランスが良くなることを期待している」
ロス長官は、日米の経済関係者が出席した講演会で貿易赤字の要因として自動車を挙げました。日本には安全基準などの非関税障壁があり、外国製の車を輸入しにくくしているとして「日本は良い車を造っているのに、なぜ保護が必要なのか理解に苦しむ」と批判しました。また、TPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱について「悪い取引から抜けはしたが、アジアから撤退したわけではない」と主張し、各国との二国間の交渉を重視する姿勢を示しました。一方、いわゆる「パラダイス文書」で自らが関係が深い企業とロシアの企業との巨額の取引が指摘されたことについては、講演の場では言及しませんでした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
海外でも高い評価を受けるテキスタイルデザイナー! 北海道「札幌グランドホテル」で『梶原加奈子のテキスタイル展』開催
Amazon Echoとはこうおしゃべりしましょう。初めに聞きたいAlexaのボイスコマンドまとめ
自宅でフィッティングして無料返品できる「Amazonファッション」活用術
日本カーオブザイヤーはなぜ、単なる「お祭り」に成り下がったか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加