「カジノ法案」審議入りへ 今国会中の成立も不透明

「カジノ法案」審議入りへ 今国会中の成立も不透明

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/11/30
No image

終盤を迎えた臨時国会で、いわゆる「カジノ法案」が焦点となっています。一度、廃案になっているこの法案。30日午後から約2年半ぶりに審議入りします。

(政治部・澤井尚子記者報告)
カジノを合法化するIR法案はこの後、ようやく審議入りしますが、与野党ともに推進派と慎重派が入り乱れていて見通しが立てにくい状態です。朝に自民党と公明党の幹事長らが会談し、自民党はこの国会での法案成立を要望しました。しかし、ギャンブル依存症などへの慎重論が多い公明党はあいまいな姿勢です。一方、民進党は審議入りを強行したとして反発し、30日の委員会の欠席を決めました。しかし、党内には約40名の推進派がいて審議に参加するよう執行部に求めるなど、一枚岩ではありません。安倍政権としては新たな成長戦略の目玉として何とかこの国会で法案を成立させたい考えですが、日程がタイトなため、さらなる国会延長を求める声も出ています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「全ての薬価、毎年改定を」 諮問会議で民間議員が提言...業界反発で骨抜き懸念も
「息をするようにウソをついている」のは蓮舫氏ではないか
「おまいう大賞」金賞の蓮舫代表が党首討論 安倍総理に「息をするようにウソをつく」などの発言が話題に
安倍総理、ロシアとの領土交渉の進展に強い決意
【党首討論】公明・山口那津男代表が民進・蓮舫代表の発言に待った! 「キューバでカジノ見ていない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加