世界経済の成長に対する中国の貢献率は世界一!?=「すべては不動産のおかげ」「庶民の暮らしが良くなることこそ一番だと思う」―中国ネット

世界経済の成長に対する中国の貢献率は世界一!?=「すべては不動産のおかげ」「庶民の暮らしが良くなることこそ一番だと思う」―中国ネット

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/10/12
No image

世界経済の成長に対する中国の貢献率は世界一!?=「すべては不動産のおかげ」「庶民の暮らしが良くなることこそ一番だと思う」―中国ネット

11日、中国メディアの中国経済網が、2013年から16年までの間の世界経済に対する貢献率で中国は世界一だったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2017年10月11日、中国メディアの中国経済網が、2013年から16年までの間の世界経済に対する貢献率で中国は世界一だったと伝えた。

記事によると、16年の中国の国民総生産(GDP)は11兆2000億ドル(約1250兆円)で、世界経済全体の14.8%を占めた。これは12年と比べると3.4ポイント増加しており、世界第2位の位置をキープした。

また、13年から16年までの間に、中国が世界経済の成長に対する貢献率は平均で30%前後に達し、米国、ユーロ圏、日本を合わせた貢献率よりも高くなり、世界一となったという。

これに対し、中国のネットユーザーから「すべては不動産のおかげ」「確かに紙幣の印刷量は世界一だな。日米欧を合わせた数より多い」「庶民の暮らしが良くなることこそ一番だと思うのだが」などのコメントが寄せられた。

また、「わが国の宣伝部ってすごいな」「統計局って本当にすごいと思う」「統計局の中国に対する貢献度は250%だけどね」などの意見もあり、統計に対する不信感が伝わってくる。

ほかには、「この5年間は中国の歴史上もっとも発展が速く、経済が良く、腐敗は最も少なく、人民が最も幸福で、物価は安くなり、空気がきれいで、食品が安全で、投資環境の整った素晴らしい5年間だった。この先5年で貧富の差はなくなり、富を共有して中国の夢が実現するだろう」というユーザーがいたが、明らかに皮肉が込められている。(翻訳・編集/山中)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
だから日本に2泊で韓国は1泊なのね...トランプ大統領の訪日中の予定を知り、「滞在時間は関係ない」と強気だった韓国ネットもしぶしぶ納得
日本のF35の戦闘力はアジアで突出?実はそうでもなかった―中国メディア
旭日旗と勘違い!ニュージーランドの駐車場で韓国人が車に生卵を投げつける=「恥ずかしい」「旭日旗だったとしても暴力はだめ」―韓国ネット
韓国を牛耳る“10大財閥”は日本が育てた
フランス人が指摘した「日本人と中国人の見分け方」に、我々は赤面せざるを得ない=中国報道

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加