金本監督、植田に走塁指導「まっすぐ。それだけ」

金本監督、植田に走塁指導「まっすぐ。それだけ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

植田海(左)に走塁の指導をする金本知憲監督(撮影・上田博志)

プロ3年目の阪神植田海内野手(21)が12日、安芸キャンプのスチール練習で金本知憲監督(49)から走塁指導を受けた。

練習途中で呼び止めて、一塁から二盗を企てた際の走路が最短距離になっていない点を指摘。指揮官は「蛇行していたからね、グネグネと。ベースにまっすぐ。それだけですよ」と明かした。今季、プロ初盗塁を決めた植田も「力が入ったら(本塁寄りの)内側を走る癖がある。その分、無駄なので。自分でも思っていました。意識してやれればいい。なるべく速くベースまで行けるようにしたい」と意気込んだ。チーム屈指の俊足が武器なだけに、貴重なアドバイスになりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ ドラ6永野が入団「昨日入籍しました」妻は4月に出産予定
13年目でやっと年俸1年目超え! 阪神・岡崎、400万円UP
巨人がFA野上獲得調査、先発強化へ11勝右腕白羽
中日・京田が新人王 浜口に大差!98年憲伸以来
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加