自動車文化体験の場 夏のトヨタ博物館が楽しそう

自動車文化体験の場 夏のトヨタ博物館が楽しそう

  • OVO
  • 更新日:2019/06/16
No image

世界のスポーツカーや子供たちに人気の“はたらく車”も見ることができる。トヨタ博物館(愛知県長久手市)は、7月13日から9月23日まで、夏の全館イベント「学べる!遊べる!トヨタ博物館サマーフェスタ2019」を開催する。

【写真】ホンダ S800  1967年(日本)

タイプの異なる人気のスポーツカーを5つのグループに分け10台展示。パトカーや救急車などに乗って記念撮影できる「憧れのはたらく自動車と記念撮影」や、大人も楽しめる“ぬり絵”、子ども向けスタンプラリーもある。

また、かにクレーン&ショベルカー実演、陸上自衛隊災害派遣車両&装備展などの「フィールドパフォーマンス」や、クレイモデル造形教室や、木に触れながら環境意識を育めるウッドカー・チャレンジなど、「学ぼう!作ろう!キッズ ラボ」もある。

今年はさらに開館30周年を記念し、8月13~15日は20時まで開館時間を延長。「クルマなぞときNight」「お立ち台で記念撮影」「スペシャルガイドツアー」など夜だけのナイトミュージアムも実施する。7月13日から9月1日は小学生の入場が無料だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NTTドコモ、「脱・携帯会社」でここへきて株価急上昇の意外なワケ
クラフトビールブランドBrewDogが、投資型クラウドファンディングで暗号通貨による出資を受け入れ
元内閣参与語る「消費税10%で日本経済は破壊へ」
プラスチック使い捨て大国ニッポン。「汚名」は返上できるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加