【サッカー】FC今治、専用スタジアム「夢スタ」が華やかに船出

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/18
No image

こけら落としに5241人の観衆が集まったFC今治の新本拠地「夢スタ」

サッカー元日本代表監督の岡田武史氏(61)がオーナーを務めるFC今治の専用スタジアム「ありがとうサービス.夢スタジアム」が完成し、10日に行われたこけら落としゲームのJFL第2ステージ第7節・ヴェルスパ大分戦を取材した。

観客席には5241人のサポーターが集まり超満員。ラモス瑠偉氏やEXILEのUSA、愛媛県出身の人気お笑い芸人・友近ら豪華ゲストが来場して盛り上げるなど華やかなムードに驚かされた。

そんな「夢スタ」の船出に、岡田オーナーも「最高の気分」と感激の表情だ。2014年秋にオーナーに就任し、2年でJFLに参入。次の目標のJ3昇格に向け、その必要条件でもある約5000人収容のスタジアムの完成は力強い“追い風”となるだろう。

同オーナーは力を込めて語る。

「たとえサッカーを知らない人でも、試合に負けても、来てくれた人が笑顔で帰れるフットボールパークにしたい」

その熱い思いはスタジアムの随所に表現されていた。「夢スタ」はピッチと観客席を隔てるフェンスがないのが特徴の一つ。観客は試合の臨場感を十分に味わうことができ、選手とサポーターの一体感も醸成されやすい造りになっている。クラブスタッフは海賊風のコスチュームを身にまとい、客席への案内など丁寧にサポーターに対応していた。まるで人気のテーマパークに足を踏み入れたかのような雰囲気だ。

J3に昇格するためには「年間順位4位以内」や「ホーム1試合平均2000人以上の観客動員」などの条件をクリアする必要がある。FC今治の現在の年間順位は6位(第2ステージ第7節終了時点)で、4位との勝ち点差は5。平均観客数は1563人で、ホームゲーム残り5試合で1万4000人余り(1試合平均約2800人)を動員しなければならない。

厳しい状況ではあるが、まだ可能性は残っている。「残り試合で何人入れられるか、新しいチャレンジだと思っている。とにかく集客しないと上に上がれないので、やっていきたい」と岡田オーナー。シーズン終盤、「夢スタ」の盛り上がりに注目したい。(デイリースポーツ浜村博文)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝 韓国戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、押し気味に進めた韓国戦をPK戦で落とす...U-17W杯出場権は中国との3位決定戦に持ち越し
井手口の不敗神話が崩壊...G大阪、柏に敗れ8強ならず/天皇杯
大宮の監督の目に留まった「小さい頃から知っていた」筑波大のある選手とは
「第5審がいたので...」微妙判定に心残りも、中野誠也があの“ワンシーン”で感じた成長
G大阪 ミスで自滅 追い上げるもあと1点...守護神・東口ガックリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加