最新ランキングをチェックしよう
セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

  • MEDLEY
  • 更新日:2016/11/30

セロトニンという脳内物質が異常に働くことによって、発汗や幻覚を特徴とする「セロトニン症候群」という危険な状態が現れます。薬が原因と見られるセロトニン症候群で死亡した女性に見られた特徴的な症状が報告されました。
セロトニン症候群で死亡した女性の症例報告
台湾の研究班が、セロトニン症候群で死亡した46歳女性の例を、医学誌『New England Journal of Medicine』に報告しました

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
殺された人間の“最期の記憶”を蘇らせる技術が登場へ! マウス実験で成功、カギは遺伝子活動(最新研究)
LINEグループを退会するには
虫歯の心配無用、人工細胞膜が矯正器具の汚れ防ぐ
AIが失明の危機を防ぐ!?糖尿病網膜症を診断する専用ソフトウェア搭載のデバイスをFDAが認可
沖縄ではしか流行、旅行キャンセル相次ぐ―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加