最新ランキングをチェックしよう
セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

  • MEDLEY
  • 更新日:2016/11/30

セロトニンという脳内物質が異常に働くことによって、発汗や幻覚を特徴とする「セロトニン症候群」という危険な状態が現れます。薬が原因と見られるセロトニン症候群で死亡した女性に見られた特徴的な症状が報告されました。
セロトニン症候群で死亡した女性の症例報告
台湾の研究班が、セロトニン症候群で死亡した46歳女性の例を、医学誌『New England Journal of Medicine』に報告しました

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガン発見に耐性菌退治...最新医療の要「ふしぎなATP」の底力
医療テクノロジーが問う「死」と「人間性」の未来
がん治療を変革する「ネオアンチゲン」と「リキッドバイプシー」
60秒で傷を完全にふさぐ。外科手術用接着剤が開発される(国際研究)
中性子星合体で重力波=米欧装置で初検出-重い元素、生成裏付け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加