最新ランキングをチェックしよう
セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

  • MEDLEY
  • 更新日:2016/11/30

セロトニンという脳内物質が異常に働くことによって、発汗や幻覚を特徴とする「セロトニン症候群」という危険な状態が現れます。薬が原因と見られるセロトニン症候群で死亡した女性に見られた特徴的な症状が報告されました。
セロトニン症候群で死亡した女性の症例報告
台湾の研究班が、セロトニン症候群で死亡した46歳女性の例を、医学誌『New England Journal of Medicine』に報告しました

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
火星、夜間に猛吹雪発生か 研究
【ガチ】「地球には月が2つ以上ある」ことが最新研究で判明! 第二の月「ミニ・ムーン」発見へ
皆既日食で動物たちが大興奮 キリンの反応は?
全国「がん治療に強い100病院」大公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加