最新ランキングをチェックしよう
セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

  • MEDLEY
  • 更新日:2016/11/30

セロトニンという脳内物質が異常に働くことによって、発汗や幻覚を特徴とする「セロトニン症候群」という危険な状態が現れます。薬が原因と見られるセロトニン症候群で死亡した女性に見られた特徴的な症状が報告されました。
セロトニン症候群で死亡した女性の症例報告
台湾の研究班が、セロトニン症候群で死亡した46歳女性の例を、医学誌『New England Journal of Medicine』に報告しました

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハロそっくり!ISSで宇宙飛行士をアシスト かわいいドローン JAXAが公開
3D印刷の常識を覆す人工肌を米大学が発明!医療・軍事・環境など多方面での活用を示唆
【ガチ研究】死人の脳が「眠っている人の脳」と同じ活動をしていることが判明! 死はノンレム睡眠状態だった!
【衝撃】NASAが火星で“完全に人工的な”エイリアン・ドームとピラミッドを激写!! 相次ぐ未確認物体の発見、もはや文明の存在は常識か!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加