最新ランキングをチェックしよう
セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

  • MEDLEY
  • 更新日:2016/11/30

セロトニンという脳内物質が異常に働くことによって、発汗や幻覚を特徴とする「セロトニン症候群」という危険な状態が現れます。薬が原因と見られるセロトニン症候群で死亡した女性に見られた特徴的な症状が報告されました。
セロトニン症候群で死亡した女性の症例報告
台湾の研究班が、セロトニン症候群で死亡した46歳女性の例を、医学誌『New England Journal of Medicine』に報告しました

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
セックスが苦手な男をLINEで見分けるポイント|文例3つ
日本、セネガル戦で「史上最高のオフサイドトラップ」 海外からも絶賛「キャプテン翼だ!」
本田圭佑は孤立してない! 「敬礼」に「ジャガーポーズ」に「助言」まで
玉木宏、木南晴夏との結婚で危惧される「救いようのないだらしなさ」
Twitterで「母が亡くなって何年も経つのにNHKから督促状が止まらない」と話題 → マジなのかNHKに問い合わせてみた結果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加