最新ランキングをチェックしよう
セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた

  • MEDLEY
  • 更新日:2016/11/30

セロトニンという脳内物質が異常に働くことによって、発汗や幻覚を特徴とする「セロトニン症候群」という危険な状態が現れます。薬が原因と見られるセロトニン症候群で死亡した女性に見られた特徴的な症状が報告されました。
セロトニン症候群で死亡した女性の症例報告
台湾の研究班が、セロトニン症候群で死亡した46歳女性の例を、医学誌『New England Journal of Medicine』に報告しました

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
脳やがん細胞 強く発光させる技術 理研が開発
地球の細菌に勝てなかった『宇宙戦争』の火星人 医師の解釈は?
羊と人間のキメラ。人間の細胞を持つヒツジの胎児が誕生(米研究)
6万年以上前の洞窟壁画=ネアンデルタール人か-スペイン
アマチュア天文家が超新星爆発の瞬間を観測 - 東大などが確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加