博多ポートタワーが「お色直し」 福岡市が予算2.3億円計上

博多ポートタワーが「お色直し」 福岡市が予算2.3億円計上

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/02/14

博多港博多ふ頭の博多ポートタワー(福岡市博多区築港本町)が13年ぶりに“お色直し”される。2年間かけて鉄骨部を塗装し直し、展望室のサッシやエレベーターの外壁も取り換える予定。市は14日発表した2018年度一般会計当初予算案に、関連費約2億3500万円を盛り込んだ。

1964年に建てられた博多ポートタワーは高さ約100メートルで、地上70メートル地点に360度の展望室を備えており、夜景の美しさなどから観光客や市民に親しまれている。16年度には、年間約25万3千人(1日平均約700人)が訪れた。

現在の外観は航空法の規定に基づき赤と白を基本に塗装されているが、市港湾空港局は「来て、見て楽しい新名所になるよう、色を変えることが可能かどうか国と協議してみたい」としている。

=2018/02/14付 西日本新聞夕刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
BTC、11000ドル台で堅調、韓国規制当局の規制強化への脅威が後退【フィスコ・ビットコインニュース】
どう見てもレーシングマシン!?なのに公道を走れる国産スーパーカー『IF-02RDS』【今すぐ買える!普通じゃないクルマ&バイク】
カーニーBOE総裁「BTC、通貨の伝統的特徴において機能していない」【フィスコ・ビットコインニュース】
一夜にして5千万円近くが消失、“恐怖指数”金融商品の恐怖
東京の人口集積度、インド・デリー以上で世界ダントツに...転入超過に歯止めかからず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加