<陸上>東京五輪で日本に絶対に負けられない種目―中国メディア

<陸上>東京五輪で日本に絶対に負けられない種目―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/12/10
No image

<陸上>東京五輪で日本に絶対に負けられない種目―中国メディア

7日、北京青年報によると、2020年の東京五輪で中国陸上界が「絶対に日本に負けられない」という種目を掲げた。資料写真。

2017年12月7日、北京青年報によると、2020年の東京五輪で中国陸上界が「絶対に日本に負けられない」という種目を掲げた。

中国国家体育総局陸上運動管理センターの王楠(ワン・ナン)副主任は、6日の全国陸上工作会議において「東京五輪での中国の目標は、金メダル数、メダル数、入賞者数、目標到達者数、参加種目数いずれにおいてもリオ五輪を上回ること」と語った。

中国は陸上競技で、12年のロンドン五輪では金1銅5、16年のリオ五輪では金2銀2銅2という成績を残している。東京五輪では、男女の20キロ競歩、女子砲丸投げ、女子ハンマー投げ、女子やり投げ、男子三段跳び、男子走り幅跳び、男子走高跳びの8種目で金メダルを、男子棒高跳び、女子円盤投げ、男子50キロ競歩、男子110メートルハードル、男子4×100メートルリレーの5種目でメダルを獲得するチャンスがあるとした。

記事によると、同副主任は報告の中で、男子20キロ・50キロ競歩、男子100メートル、4×100メートルリレー、男子マラソンにおいて「日本に負けられない」という目標が掲げられたという。

しかし記事は、「日本勢はマラソン、男子リレーで優位に立っており、中国にとっては実に大きなチャレンジだ」と指摘。「100メートル走で日本勢は9秒台1人、10秒0台6人を有するが、中国でこの実力があるのは現状2人のみ。新鋭の育成が必須だ。そしてマラソンの実力差も大きい。伝統を持ち、国内で数多くの大会が開かれている日本に対し、中国も近年ではマラソン市場が急発展しているが、アスリートのレベルは高まっていないのが実情だ」と冷静に分析している。

一方で、「掲げられた目標からは、東京五輪までの3年間で日本勢を倒す選手の育成に努めようとする姿勢が見える」と評価。「先日、中国陸上協会は各種目のコーチ陣を決定したが、特筆すべきは女子マラソンで初めての日本人コーチとなる鈴木秀夫氏を招へいしたことだ」と紹介。東京五輪へ意気込む様子を伝えている。(翻訳・編集/川尻)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「なぜ僕をいじめるの?」少年の涙の訴えに各界から激励が相次ぐ
「ああーお風呂場はいけませーん!」 お風呂に連れて行かれるのを察した猫ちゃんの抵抗する表情が必死
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
眞子さまも知らない小室圭さん母の“金銭トラブル”
小泉進次郎がどんどん過激になってきた「ある事情」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加