近場のジムへランニングに持って行きたい。小物を収納できるウォーターボトル

近場のジムへランニングに持って行きたい。小物を収納できるウォーターボトル

  • roomie
  • 更新日:2017/10/13

ハリウッドセレブは、出かけるときに手ぶらの人がかなり多い。ものを持たずに颯爽と歩いている姿が、なぜか僕にはかっこよく見える。

その憧れもあってか、外出するときにはできるだけ物を持たないようにしている。もちろん、単純に荷物がないほうが楽なのもある。遠出するときには多少の荷物を持つのはしょうがないけれど、近場であれば極力身軽に出かけたいのだ。

とは言え、近場のジムに出かけるときでさえ、飲み物、鍵、財布、イヤホンなどの小物が結構必要。ポケットが付いていないトレーニングウェアであれば、カバンを持つ必要がある。しかし、この「Bindle Bottle」を使えば、セレブさながら手ぶらで出かけることができそうだ。

「Bindle Bottle」は収納がついた水筒。家や車の鍵、財布などが入る大きさなので、水筒ひとつで近場に出かけることができる。水筒は二重構造、真空断熱構造となっているため、温かい飲み物も冷たい飲み物も温度を保ってくれる。

また防水加工のため、収納したものが濡れる心配はない。ボトルにはBPAフリーの素材が使用されていて、体にも悪くないらしい。

また、ステンレスの中では高級とされる18-8ステンレスが使用されており、耐食性・耐熱性に優れているのが特徴だ。

ボトルの大きさは、22.59×9.4cm。そのうち、底の8.4×8.4cmが収納スペース。重さは500g。飲み物は約700ml入る。色は「BLACK」「SAGE GRAY」「STAINLESS」「GLACIER」「CORAL」の5種類だ。

購入はクラウドファンディングサイト・Kickstarterにて、$35(約3,900円)から(記事執筆時)。

ジムはもちろん、ハイキングやランニング、職場にも持って行けるので、できるだけ荷物を減らしたい人にオススメだ。

Bindle Bottle[Kickstarter]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「食べる時間」を間違えると、たった1週間で肥満になります
「お客様、人間界は初めてでしょうか?」 クレーマーに放った一言がパワーワードすぎる
ニトリの”地味にスゴい”グッズ5選。室内干しや収納で活躍!
男がゾクッとする!「鳥肌の立つほど魅力的な女」のテクニック
【ガチ】人は死の瞬間に“自分が死んだ事実”を認識することが研究で判明! 「医者の死亡宣告も聞いた」遺体には意識が宿り続けている(米研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加