13日激突、両監督が対談 明豊「平常心で先制」 坂井「1点ずつ取る」

13日激突、両監督が対談 明豊「平常心で先制」 坂井「1点ずつ取る」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/08/12

第99回全国高校野球選手権大会に県代表で出場している明豊は、13日第4試合で福井県代表の坂井との初戦に臨む。明豊の川崎絢平監督と坂井の川村忠義監督に意気込みなどを尋ねた。

-相手チームの印象は。

川崎 粘り強さを持ち合わせている。

川村 強打のイメージ。

-チームの特徴は。

川崎 県大会でも打線が活発だった。この状態を維持したい。

川村 引き離されないよう1点ずつ取りたい。

-戦略を。

川崎 先制点を取り、後半で仕上げたい。

川村 甲子園の雰囲気にのまれて大量失点しないようにしたい。

-意気込みを。

川崎 平常心で、普段通りやるべきことができたら悪い試合にはならない。

川村 初出場なのでプレッシャーはない。元気な野球を見てもらいたい。

=2017/08/12付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
阪神・鳥谷、高木豊に並ぶ132度目猛打賞!8月は月間打率・397
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加