最新ランキングをチェックしよう
日経新聞校閲「今年の私のパワーワードは『婚約者と別れた』」 使い方がおかしいとツッコミ殺到

日経新聞校閲「今年の私のパワーワードは『婚約者と別れた』」 使い方がおかしいとツッコミ殺到

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/01/12

日本経済新聞で校閲を担当する記事審査部の公式ツイッターが、「今年の新語2017」(三省堂)で3位に選ばれた単語「パワーワード」について投稿したツイートが、ネット民の注目を集めている。

「パワワと略されます」「私の昨年一番のパワワは(中略)『婚約者と別れた』」――。こんなつぶやきに、ツイッターのユーザーから「それパワーワードじゃないです」「少し違う気がする」と使い方にツッコミが殺到しているのだ。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
川島がマネに“パス”失点FIFAは「コメディー」
中国人が日本で買った弁当の蓋を開け、「目を疑い、言葉を失った理由」=中国
【悲報】福岡でナイフで背中刺され男性死亡 / ネット有名人Hagex氏との情報あり「刺されるほど悪い人とも思いません」
ディズニーR、入園前にぐったり、年間パス使用不可日...値上げしても顧客満足度低下の惨状
川島の痛恨ミスによる失点に海外騒然 「W杯最低GK」「大災害」などSNSで批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加