【エ女王杯】和田クロコスミア惜しい!9番人気で健闘2着

【エ女王杯】和田クロコスミア惜しい!9番人気で健闘2着

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

9番人気クロコスミアが大健闘の2着。スタートを決め新コンビの和田が手綱を押してハナを奪おうとしたが、内からクインズミラーグロが主張して道中は2番手に収まった。直線入り口でバテたミラーグロをかわして先頭に立つと、残り200メートルでは後続に4馬身のリード。この日3勝と波に乗っていた鞍上が追って追って粘り込みを図ったが、モズカッチャンの強襲に屈して首差の銀メダル。和田が「2番手になって前半は力んでいたが、向正面で落ち着いてくれた。最後も止まっていないし、力を付けている。よく頑張っていた」と話し、西浦師は「逃げられたら違う結果になっていたかもしれないが、これも競馬。馬のコンディションも良かったが、本当によく粘ってくれた」と人馬を称えた。出走メンバー中最軽量428キロと、ひときわ小さな体で走り抜いた愛馬の踏ん張りを両者とも称えていた。

No image

<エリザベス女王杯>ゴール前でモズカッチャンにかわされるクロコスミア(左端)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
藤田ニコル「元彼にチャラい事されて、ボロボロに...」
現役東大生のSEXがイタすぎる!ヤリマン東大女子が内部告発「3回目のデートでワンチャン狙うマニュアル人間」
日本の釣り愛好家が魚を釣った後の行動に衝撃を覚えた=中国メディア
高橋一生、月9『民衆の敵』大爆死のウラで......あのヒット連ドラのオファーを蹴っていた!?
【衝撃】450年前の地図に「UFOを手にしたマーメイド」がハッキリ載っていた! 陸地には身長3~4mの「パタゴニアの巨人」も!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加