復刻「スーファミ」4日で36.9万台販売、年末にかけさらに伸びる見込み―ファミ通調べ

復刻「スーファミ」4日で36.9万台販売、年末にかけさらに伸びる見込み―ファミ通調べ

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/10/11
No image

動画・画像が表示されない時はこちら

任天堂が往年の人気家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」を復刻した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、登場から4日間(初週)の販売台数が36万9,000台を記録した。ゲームメディア「ファミ通」が集計した。

1990年に発売したスーパーファミコンを小型化し、未発売のゲーム「スターフォックスII」を含む21タイトルを収録して蘇らせたもの。

当時の本体を模したデザインで、付属する2個のコントローラーはサイズやボタンの配置、操作性も以前と同じ。PCなどに電源供給用USBケーブルで接続し、HDMIケーブルでテレビやディスプレイにつないで利用する。なお従来のスーパーファミコン用カセットを差し込んで遊んだり、ダウンロードなどでタイトルを追加したりは通常できない。希望小売価格は7,980円(税別)。

2016年に発売した「ファミリーコンピュータ」の復刻版「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に続き、大きな注目を集めている。今後もクリスマスや年末商戦に向け、さらに販売台数の伸びが見込めると、ファミ通は分析している。

動画・画像が表示されない時はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『真・女神転生V』発表! スイッチ向けのシリーズ最新作はナンバリングタイトルに
女神転生シリーズのWindows用アクションゲームが無料公開中、実際にプレイしてみたレビュー
映画「スター・ウォーズ」の世界をAR体験できるセット 臨場感がハンパない「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」
ドットによるART×RPGの世界をテーマとした武蔵野美術大学の芸術祭「ビ×ビット」が開催
東京コミコン2017来日ゲスト第4弾はアメコミ界の大御所スタン・リー!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加