広島薮田「地元で胴上げをしてみたい」燕退治お任せ

広島薮田「地元で胴上げをしてみたい」燕退治お任せ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

笑顔を見せる薮田和樹(撮影・上田博志)

16日ヤクルト戦(マツダスタジアム)に先発する広島薮田和樹投手(25)が15日、マツダスタジアムで最終調整した。キャッチボールやショートダッシュを繰り返し、汗を流した。

優勝へのマジック1で迎え、91年以来の地元胴上げが懸かった一戦。天気予報は雨となっているが「地元で胴上げをしてみたい。見たことも、経験したこともないので。雨が降らずに試合ができることを祈ります」と話した。

今季、ヤクルト戦には4勝2敗、防御率3・00。3年目右腕は「今シーズン対戦もしている。自分の球を投げられるか。イメージはできている」と力強く語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷翔平MLB移籍濃厚で女子アナが大焦り
清原Jr.勝児君が巨人ジュニア内定  武器は父譲りの強打
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
勝負の赤下着でスタンド観戦うえむらちかV祝福
お前が打たなきゃ誰かが打つ。カープ黄金期を予感させる圧倒的な選手層
  • このエントリーをはてなブックマークに追加